失っ て も 失っ て も 生き て いく しか ない。 <エンタメノート> 「工夫して生きていくしかない」~柳家三三さん、演芸写真家・橘蓮二さんに聞く<後>(毎日新聞)

失ったものを受け入れて生きていく~『インハンド』第3話: テンメイのRUN&BIKE

失っ て も 失っ て も 生き て いく しか ない

取材・文/坂口鈴香 長年連れ添った妻を亡くし、途方にくれる夫。 そんな夫を待ちうけるのは、はじめての独り暮らしだ。 眼科医の西田輝夫さんもそんな一人だった。 同じく眼科医であった妻を亡くし、70歳にして初めて独り暮らしをすることに。 突然はじまった「独り暮らし」という第2の人生。 喪失感を乗り越え、淋しさと折り合いをつけて、男ひとりの暮らしを始めることになった。 そんな悪戦苦闘の日々を綴った本が、『70歳、はじめての男独り暮らし』(西田輝夫著、幻冬舎)だ。 がんで余命半年と宣告された妻は、残された数か月、西田さんに最低限の家事を特訓してくれたという。 それでも、これまで医師として働きながら家事を完璧にこなし、さらには西田さんの書斎の整理や資料ファイリング、出かける際のファッションコーディネートまでやっていたという千手観音のような妻がいなくなることは、赤子が親を失うようなものだった。 なんとか「ゴミ屋敷にだけはしないように」と努めるのが精一杯 (本書p. 7) という西田さんの言葉は、正直なところだろう。 逆に妻としては、家事や夫の世話は手抜きしておくくらいが、あとに残される夫のためになる、とも言えるかもしれない。 118)のコツを挙げる。 今回は、その中から3つのポイントを紹介しておこう。 ひとりになったときに慌てないために、今のうちにできることもあわせて考えてみよう。 【心得その1】 失ったことを数えるな 西田さんは、ひとりになるとつい誰かに甘えたくなるものだが、「自立の気持ち」を持つことが大切だという。 そして、自立するためには失ったことを数えてはいけないと説く。 「若い時にはできたのにな」「妻がいたらな」などと失ったことを数えていては自立できません。 120より引用) 自立する上で、意識して実行したいと西田さんが教えるのが次の3つだ。 119より引用) 1については、妻が健在なうちから夫も家事を分担しておけば、ひとりになってもそう困らない。 少なくとも、家の中を小綺麗に保つためにどれだけの家事があるのかくらいは知っておきたい。 ごみ捨てひとつとっても、家中のごみ箱からごみを集め、ごみ箱に次の袋をセットし、ごみをひとつにまとめてごみ収集所に持っていくまでが、ごみ捨てだ。 台所ごみを集めたら、シンクのごみ受けや排水口だって掃除しないといけないのだ。 妻がそれらをすべてやっているとわかれば、妻への感謝の気持ちも湧くというもの。 妻に先立たれてから感謝しても遅いのだ。 妻も自分が病気で寝込んだり、介護が必要になったりしたときに、夫が何もできないと困るのは自分なのだ。 自分のためにも夫に最低限の家事くらいは教えておきたい。 2、3の社会との関わりを持ち、働ける間は働くことの必要性については、東京大学高齢社会総合研究機構の秋山弘子氏もまったく同様のことを指摘されていた。 それについては「」記事でご紹介したので、ぜひご一読いただきたい。 【心得その2】 独りぼっちになるな 西田さんは、これまで交流の途絶えていた先妻との間のお子さんや、非常勤で診察する病院の医師やスタッフ、学生時代の友人たちなど、自分を気にかけてくれる人たちとの交流が支えになっているという。 そして、今のうちにできるだけ多様な居場所と、幅広い年代の友人をつくっておきたい。 【心得その3】 緊急時に備えよ 西田さんには、独り暮らしをするなかで気がかりなことがある。 それが、「火の不始末」「宅配便の受け取り」、そして「病気とケガ」だ。 男女を問わず、独り暮らしの不安と不便はまさにここにある。 いくら健康管理を心がけていても、加齢とともに事故やケガのリスクは高くなる。 西田さんも、室内で転倒し大ケガをした経験があり、医師であってもかなり慌てたようだ。 自分で救急車を呼べればいいが、それもできない場合はどうしたらいいのか不安を抱いている独り暮らしの高齢者は、少なくない。 そういうときのために、ボタンを押せば受信センターに連絡できる「緊急時通報システム」や、一定時間動きがないとセンサーが察知して家族などに連絡のいく「見守りサービス」など、多様な安否確認サービスが存在する。 今後さらに、IoTを利用したサービスは増えていくことが予想される。 安心のお守り代わりに、こうしたサービスを利用するのもよいだろう。 また西田さんのように緊急入院することになったとき困るのが、入院に必要なものの準備だ。 163) 持病のある人なら、なおさらだ。 西田さんが挙げる緊急入院用のカバンの中身は次の9つ。 何がどこにあるかを知らせるだけでも大変だ。 災害時持ち出し袋とともに用意して、できれば季節に合わせてパジャマなどは入れ替えておきたい。 * * * 以上、今回は西田輝夫さんの著書『70歳、はじめての男独り暮らし』から、はじめて独り暮らしする高齢男性がその後の人生を生き抜くための心得についてご紹介した。 超高齢化社会が進み、独居の高齢者はますます増加する。 高齢者の夫婦二人暮らしや、家族と同居していても、日中はひとりという高齢者も多い。 西田さんが挙げた、独り暮らしのコツは、独居の高齢者だけでなく、高齢夫婦のみの世帯や日中独居の高齢者にも共通するものだ。 不安や不便に対して自分なりの対処方法を考えながら、愉しみを見つけて暮らしていきたい。 訪問した施設は100か所以上。 20年ほど前に親を呼び寄せ、母を見送った経験から、人生の終末期や家族の思いなどについて探求している。

次の

【鬼滅の刃】心に突き刺さる名言の数々!鬼滅の刃名言まとめ!

失っ て も 失っ て も 生き て いく しか ない

「鬼滅の刃MAD 竈門炭治郎のうた」 泣きたくなるような優しい音 どんなに苦しくても 前へ前へ進め 絶望断ち 失っても失っても生きていくしかない どんなにうちのめされても守るものがある 失っても失っても、それでも生きていくしかない。 絶望を断ち、前を向いて。 そうやって生きてきた。 そんな半生だった。 地獄のような日々のなかでも生き抜いてこれたのは、たった一人の大切な人との約束があったからだ。 その約束を守るために生き延びた先には、穏やかで温かい毎日があった。 辛いことはゼロではない。 それでも、昔に比べたら圧倒的に平和な日々だ。 そんな中で授かった息子が、この曲を私に勧めてくれた。 今、このタイミングで。 傷ついても傷ついても立ち上がるしかない どんなにうちのめされても守るものがある 立ち上がるしかない。 守るものがある。 守りたいものは、昔と少し変わった。 自分の命よりも大切な存在がいる。 それは、私という人間を少し強くした。 「好きな曲だったでしょ?」 ハヤシライスの玉葱を切っているときで良かった。 花粉症の時期で良かった。 涙と鼻水の言い訳に出来る。 でもきっと、長男は気付いているのだろう。 私の過去を彼は知らない。 詳しく知る必要もないと思っている。 それでも、何かしらを感じ取っているようだ。 近頃の私の様子からも、息子なりに思うところがあったのだろう。 「すごい、良い歌だね。 ありがとう」 ありきたりな言葉を必死に絞り出した。 声は何とか、震えずに済んだ。 いつの日か息子も、大きな壁にぶつかることがあるだろう。 何もかもを放り出したくなるほど、目の前が真っ暗になるときもあるかもしれない。 泣いていい。 立ち止まっていい。 気が済むまで休んでいい。 叫んだっていい。 でもいつの日か、炭治郎のように立ち上がれる人であって欲しい。 苦しくても、辛くても、大切な何かを失っても。 人は、生きていくしかない。 その先にある未来は、本人にしか創れない。 大好きな曲が増えた。 今の自分がやろうとしていることに対して、背中を押してもらえた気がした。 「炭治郎のうた」は私にとって、息子からのかけがえのないエールだった。

次の

〈失っても失っても 生きていくしかないです〉読書感想:『鬼滅の刃 2』 (ジャンプコミックス)

失っ て も 失っ て も 生き て いく しか ない

「鬼滅の刃MAD 竈門炭治郎のうた」 泣きたくなるような優しい音 どんなに苦しくても 前へ前へ進め 絶望断ち 失っても失っても生きていくしかない どんなにうちのめされても守るものがある 失っても失っても、それでも生きていくしかない。 絶望を断ち、前を向いて。 そうやって生きてきた。 そんな半生だった。 地獄のような日々のなかでも生き抜いてこれたのは、たった一人の大切な人との約束があったからだ。 その約束を守るために生き延びた先には、穏やかで温かい毎日があった。 辛いことはゼロではない。 それでも、昔に比べたら圧倒的に平和な日々だ。 そんな中で授かった息子が、この曲を私に勧めてくれた。 今、このタイミングで。 傷ついても傷ついても立ち上がるしかない どんなにうちのめされても守るものがある 立ち上がるしかない。 守るものがある。 守りたいものは、昔と少し変わった。 自分の命よりも大切な存在がいる。 それは、私という人間を少し強くした。 「好きな曲だったでしょ?」 ハヤシライスの玉葱を切っているときで良かった。 花粉症の時期で良かった。 涙と鼻水の言い訳に出来る。 でもきっと、長男は気付いているのだろう。 私の過去を彼は知らない。 詳しく知る必要もないと思っている。 それでも、何かしらを感じ取っているようだ。 近頃の私の様子からも、息子なりに思うところがあったのだろう。 「すごい、良い歌だね。 ありがとう」 ありきたりな言葉を必死に絞り出した。 声は何とか、震えずに済んだ。 いつの日か息子も、大きな壁にぶつかることがあるだろう。 何もかもを放り出したくなるほど、目の前が真っ暗になるときもあるかもしれない。 泣いていい。 立ち止まっていい。 気が済むまで休んでいい。 叫んだっていい。 でもいつの日か、炭治郎のように立ち上がれる人であって欲しい。 苦しくても、辛くても、大切な何かを失っても。 人は、生きていくしかない。 その先にある未来は、本人にしか創れない。 大好きな曲が増えた。 今の自分がやろうとしていることに対して、背中を押してもらえた気がした。 「炭治郎のうた」は私にとって、息子からのかけがえのないエールだった。

次の