ハトムギ 化粧 水 アレルギー。 プチプラだけど侮れない、ハトムギ化粧水の効果と使い方 | 女性の美学

大人気の「ハトムギ化粧水」回収騒動があったって本当?合わない人もいるの?

ハトムギ 化粧 水 アレルギー

イネ科アレルギーのハトムギ化粧水使用について 私は5年くらい前に、イネ科アレルギーと診断されました。 症状があまり出ない年もあったのですが、今年は今の時期鼻水やくしゃみ、目のかゆみ といった症状がでています。 ハトムギ化粧水は、おそらく四年以上前から使用していて、今まで特に何も考えていなかったのですが、よく考えたらイネ科だということがわかりました…(今さらですが) インターネットで調べても、イネ科アレルギーの人は使用を避けるべきという意見が多くなり、不安になりました。 今高校生なので、肌荒れは少し起きています。 (毛穴の詰まり、赤みなど)5年ほど前からひどくなりましたが、今は以前と比べるとだいぶマシになってきました。 ハトムギ化粧水でいきなり肌が荒れたことはありません。 気に入っていたので残念ですが、ハトムギ化粧水の使用は控えるべきでしょうか? 化粧水のハトムギエキスの含有量は、ごく少量です。 あまりにひどいアレルギーでなければ、そうそうすぐに何か起こるということはないでしょうが、避けるに越したことはないと思います。 今は良くても、将来的にいきなりかぶれるということは、十分考えられます。 私も多分、イネアレルギーを持っています。 検査してくれるところがないので(どこへ行ってもアレルギーの薬をもらうだけ。 聞いてみてもやってもらえない)、はっきりしたことは言えませんが。 そう思う理由は、うさぎを飼っているのですが、えさのチモシーと言うイネ科の牧草で、皮膚にかゆみのあるぷつぷつができるからです。 現状、ハトムギ化粧水各種で、何かが起こったことはありません。 エタノールがきつい物が多いので、乾燥したくなくて使ってはいませんが。 神経質にはならなくてもいいけれど、危険は避けて通ったほうがいいのではないか、と思います。

次の

ハトムギ化粧水の成分と効果を解説!コスパ最高だからおすすめ

ハトムギ 化粧 水 アレルギー

[化粧品成分表示名称] ・ハトムギ種子エキス [医薬部外品表示名称] ・ヨクイニンエキス イネ科植物ハトムギ(学名:Coix lacryma-jobi var. ma-yuen 英名:Adlay)の果皮および種皮を除いた種子(子実)から、、、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。 ハトムギ種子エキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、• 脂肪酸・脂肪油:、、コイクセノライド• 多糖類:コイキサンA,C、デンプン などで構成されています (文献1:2006;文献2:2017)。 ハトムギ種子は、漢方・薬剤としてはヨクイニン(薏苡仁)と呼ばれており、果皮のついたままのものはハトムギと呼ばれています。 東南アジア原産で中国には後漢の時代にベトナムから伝わり、7~8世紀には日本にも中国から薬材として渡来しましたが、栽培されるようになったのは江戸時代以降となっています。 民間療法では、ヨクイニンが水イボやイボに有効であることが経験的に知られており、また浮腫、高血圧、母乳不足の治療にも用いられます (文献3:2011)。 化粧品に配合される場合は、• 角質水分増加による保湿作用• 表皮細胞増殖促進による細胞賦活作用• 抗炎症作用• SCF発現抑制による色素沈着抑制作用 SCF発現抑制による色素沈着抑制作用に関しては、まず前提知識としてメラニン生合成のメカニズムとSCFについて解説します。 以下のメラニン生合成のメカニズム図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、 紫外線を浴びるとまず最初に活性酸素が発生し、様々な情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)をメラノサイトで発現するレセプター(受容体)に届けることで、メラノサイト内でメラニンの生合成がはじまり、ユーメラニン(黒化メラニン)へと合成されます。 SCFは肝細胞増殖因子であり、メラニン生合成のメカニズムでは情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)のひとつとして知られており、メラノサイトに存在するSCFの受容体であるc-kitレセプターに輸送され結合されることにより、肥満細胞が遊走、分化・増殖し、アトピー性皮膚炎が引き起こされたり、メラニン合成が活性化することが明らかになっています (文献8:1996)。 2008年に丸善製薬によって技術公開された天然物における肝細胞増殖因子であるSCF発現上昇抑制作用検証によると、試験内容は非公開ですが、ハトムギ種子エキスにSCF発現抑制による色素沈着抑制作用が認められています (文献7:2008)。 ただし、試験内容が非公開であり、試験濃度や抑制率などが不明であるため、かなり穏やかな作用傾向である可能性も考えられます。 イソ吉草酸抑制による消臭作用 イソ吉草酸抑制による消臭作用に関しては、まずイソ吉草酸に関して解説しておきますが、イソ吉草酸とは汗臭・足臭・頭皮臭などに含まれる代表的な成分のひとつです。 2017年に小川香料によって報告されたヨクイニンエキスのイソ吉草酸抑制作用検証によると、 ハトムギ種子エキスの現時点での安全性は、医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載されている漢方生薬であり、また外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006にも収載されているため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。 ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。 以下は、この結論にいたった根拠です。 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について 化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、 データ不足のため詳細は不明です。 眼刺激性について 詳細な試験データはみあたらず、 データ不足のため詳細は不明です。 成分一覧は以下からお読みください。 原島 広至(2017)「ヨクイニン(薏苡仁)」生薬単 改訂第3版,92-93. 鈴木 洋(2011)「薏苡仁(よくいにん)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,472-473. ジャパンハーブソサエティー(2018)「ハトムギ」ハーブのすべてがわかる事典,158. 一丸ファルコス株式会社(2015)「ヨクイニンエキス J」技術資料. 小川香料株式会社(2017)「ヨクイニンエキス」技術資料. 土肥 圭子(2008)「幹細胞増殖因子発現上昇抑制剤」特開2008-273875. N W Lukacs,et al(1996)「Stem cell factor c-kit ligand influences eosinophil recruitment and histamine levels in allergic airway inflammation. 」The Journal of Immunology 156 10 ,3945-3951. スポンサーリンク.

次の

ハトムギ化粧水は肌荒れやアレルギー反応が出るやばいものだった!?花粉症の人は大丈夫?

ハトムギ 化粧 水 アレルギー

ハトムギは、栄養価が高く穀物の王様と言われるほどです。 おかゆとして食べられたりしています。 特に有名なのは 「はと麦茶」ですよね。 でも、ハトムギを摂取しない方がいい人もいるんです。 それは、 小麦アレルギーを持っている人です! では、どうして小麦アレルギーを持っている人は、ハトムギを避けた方がいいのでしょうか? その他にも副作用はあるのでしょうか? 気になりますよね。 調べてみたので、一緒にハトムギの副作用についてチェックしてみましょう。 ハトムギは栄養たっぷり。 でも、副作用はどうなの? 老人性疣贅(ゆうぜい)の首イボなどの対策として、はと麦茶を飲んでいる人も多いのではないでしょうか? または、ハトムギのサプリを摂取している人も多いですよね。 サプリで取り入れている人は、「ヨクイニン」と聞いた方がピンとくるかもしれません。 ハトムギもヨクイニンも、呼び方が違うだけで同じものです。 ハトムギに含まれている成分、アミノ酸・タンパク質・ビタミンB群・食物繊維はきれいな肌を作り出し保つ働きがあります。 さらに、カリウム・糖質・脂質がバランスよく含まれていることから、1つで栄養のバラランスが整ったものだと言えます。 ハトムギを摂取することで、デトックス効果・便秘解消・むくみ解消に効果があると言われています。 漢方としても使われることがあるハトムギ。 漢方の世界では「ハトムギ」は「ヨクイニン」と言われています。 効果や効能には違いはありません。 ハトムギの殻を取ったものが「ヨクイニン」なんです。 漢方だけではなく化粧品にも使われています。 ヨクイニンは、健康や代謝を促進し、たくさん摂取しても害をあたえることがないと言われています。 ヨクイニンエキスは、化粧品に含まれている場合にはイボやニキビ・アトピー改善など、肌の状態を改善するという働きがあります。 肌荒れの改善・美白効果・アンチエイジングなどが期待できるのです。 このように身近にあるハトムギ。 何気に、毎日摂取していたりします。 ハトムギは、毎日摂取するものだからこそ、気になるのは 「副作用」についてです。 ハトムギにも副作用はあるのでしょうか? 毎日の生活に取り入れているからこそ、気になりますよね。 そこで、ハトムギの副作用について調べてみました。 ハトムギ(ヨクイニン)を摂取する場合、副作用が心配になると思います。 しかし、天然成分ですので、 副作用はほとんど心配がないと言えます。 しかし、全くないというわけではありません。 変な成分ではないにしても、アレルギーの問題があります。 特に、小麦アレルギーやイネ科の植物に対するアレルギーを持っている人は要注意です。 小麦とハトムギは生物的によく似ています。 ハトムギはイネ科の植物なので、 イネ科アレルギーがある場合には注意が必要になってくるのです。 小麦やハトムギは、別の物ですが近い種類にあります。 アレルギーを起こす部分や構造が似ていると言われています。 アレルギー反応を起こす可能性もあり、使い続けることでアレルギーを起こしやすくなってしまう可能性が増えてきます。 小麦アレルギーがある人は、ハトムギでもアレルギーを起こす可能性が高いです。 ですから、ハトムギの摂取は控えてください。 ハトムギの成分が含まれている化粧品などを使う場合にも、注意が必要です。 その他に、見られる副作用症状として蕁麻疹・発疹・胃の不快感・下痢症状などがあります。 症状が出た場合には一度使用を中止して様子を見て、改善されない場合には医師に相談してくださいね。 アレルギーなどがない人は、美肌にはおすすめの成分になります。 昔から漢方として使われている実績をみても、効果はあきらかですよね。 老人性ゆうぜいなどのイボケアとして、今でも皮膚科で処方されているものです。 イボをキレイにしたい。 肌をキレイにしたい。 という人は、ぜひハトムギを取り入れて見てくださいね。

次の