橋本琴絵 政党。 ホリエモン新党に小池百合子?N国の選挙姿勢がスゴい!草生える面白さ

【西本誠プロフィール&画像】スーパークレイジーな選挙活動や公約まとめ

橋本琴絵 政党

略称は 希望。 シンボルカラーは。 の「 」(・の支持基盤)が国政進出する形で、小池に近い議員が中心となって(平成29年)に結成された。 にはと合流をし、の公認候補の半数以上は同党出身の議員が占めた。 この合流の際に、理念や政策が異なる系議員らは、に結成されたへ入党し、または無所属で立候補した。 、国民党とへの分党手続きを行い、解党した。 国民党は同日付で民進党と合併し、となった(後述)。 党史 [ ] 前史 [ ] (平成28年)ので、であったは、所属していたの推薦を得ずに立候補し当選。 その後、自民党が第1党を占めていたを自身の基盤とすべく、に「 」を結成。 (平成29年)ので、都民ファーストの会は都議会第1党の座を自民党から奪取した。 国政では、がいち早く小池支持を表明していた。 若狭は小池の議員辞職に伴う補欠選挙に自民党公認で出馬し当選したが、親小池の立場を貫いた。 、小池と若狭が自民党を離党する。 、若狭が政治団体「 日本ファーストの会(にっぽんファーストのかい)」を結成、国政政党結成を目指した。 若狭は国政政党を作るにあたり、を離党した、両衆議院議員をはじめ、を除名された参議院議員など複数の他党出身国会議員に参加を打診した。 結党 [ ] 2017年(平成29年)9月23日、のは自民党の政調会長と都内の私邸で会い、衆院選公約の取りまとめを急ぐよう指示。 臨時国会冒頭の9月28日に衆議院を解散すると決めた。 同年、小池は記者会見にて自身が代表を務める「 希望の党」の結党を発表した。 党名は小池が主宰する政治塾「希望の塾」から名付けられた。 同日付で総務省に設立を届け出た。 登録メンバーは現役国会議員9名であった。 同年、小池および結党メンバーとなる国会議員14人による記者会見で「希望の党」の旗揚げを正式発表 、党の綱領および基本政策も併せて発表された。 代表以外の役職については「選挙後に決める」としている。 結党メンバーとして設立会見に参加した国会議員14人は以下。 - 代表を辞任、離党。 - 「」所属。 - 無所属クラブ所属。 - 無所属。 小池百合子代表時代 [ ] 民進党議員の受け入れ [ ] 結党の発表に先立つ26日夜、小池とのが極秘に会談し、民進党と希望の党の合流が協議され、これについて最終調整に入ることで合意がなされていたことが、27日午後報道によって明らかとなった。 さらに、一部報道ではこれに加え、代表率いるも含めた3党での連携も視野に入れた動きも報じられている。 大阪府知事率いるは、今回の総選挙についてお互いの本拠地である東京都と大阪府の選挙区について、希望の党との候補者調整を行うとした。 ただし、維新は希望の党への合流については否定した。 28日、の召集冒頭で衆議院が解散。 この日の午前、前原代表は民進党の常任幹事会において、党として比例代表を含め公認候補を擁立せず、希望の党に公認申請を依頼し、事実上希望の党と合流することを提案し、常任幹事会はそれを了承した。 さらに午後に行われた両院議員総会において、全会一致で採択される。 これにより民進党は事実上の「解党」となり、希望の党との合流が決定したと報じられた。 しかし小池は、インタビューに際し「様々な観点から絞り込みをしていきたいと考えております。 全員を受け入れるということはさらさらありません」と発言。 安全保障、憲法観といった主要政策と一致しない民進党の立候補予定者は「排除する」と言い切り、民進党出身議員を希望の党側で選抜するとし、民進党全体との合流は否定した。 これに反発した民進党内の系議員が希望の党への合流を拒否し、を代表として「」を結党 、また一部の議員は無所属で立候補した。 第48回総選挙 [ ] (2017年10月22日投開票)には小選挙区198名、比例代表234名(内単独37、重複197)計235名を公認した。 小選挙区単独の立候補者は静岡5区ののみである。 立候補者は衆議院単独過半数の233議席を超えた。 他党との選挙協力などについては以下。 とは、9月30日の小池と 維新の会代表兼大阪府知事 との協議・記者会見を経て、互いの本拠地(東京・大阪)での候補者調整を行った。 大阪府の選挙区に希望は公認候補を立てず、逆に東京都の選挙区では維新が公認候補の取り下げを行った ほか、一部の選挙区では候補者に対し党の推薦を出した。 このため、東京・大阪で民進党の公認内定とされていた候補者の多くが立憲民主党からの立候補や他選挙区での立候補を余儀なくされた。 また、前職のなど一部の維新側の党員が公示前に希望の党に移籍している。 自由党は民進党同様、党として公認候補は擁立せず、前職の代表と幹事長は党籍を残したまま無所属で立候補、他に自由党籍を持つ4候補が希望の党から立候補した。 小沢と玉城の選挙区に希望の党は対立候補を擁立しなかったため、事実上の選挙協力となった。 ただし、代表の小沢は自党の議員が立憲民主党から立候補する事も事実上容認しており 、一部の選挙区では自由党系候補と希望の党が競合した。 日本のこころは選挙前に中山恭子代表らが希望の党へ合流。 夫の中山成彬元国交相らが同党から立候補したため、比例九州ブロックでは同党への支持を呼び掛ける対応を取った。 当初は党の方針として「政党の党首を経験した人は公認しない」としており、(元代表)は希望の党公認を望んでいたが容れられず無所属で立候補 したが、落選した。 最終的にこの方針を事実上撤回し、での代表を務めた、での代表を務めた、で代表を務めたを公認候補として擁立したがいずれも落選した。 同選挙で無所属で立候補し当選した民進党現代表の(民主党代表経験者)も代表を辞任したうえで離党し、共同代表選後に同党への入党を了承した。 また、小池と協力関係にあった参議院議員(元代表)は、衆議院への鞍替え立候補を模索していたが、小池ら希望の党側の「参議院に残ってほしい」との要請により立候補を断念した。 なお、喜美の代わりに実妹にあたる渡辺美由紀が喜美の地盤であるから希望の党公認候補として立候補した が、落選している。 とは10月5日に政策協定を結び、衆議院選挙で選挙協力を行っていくことを確認している。 民進党は参議院議員を中心に政党として存続しているが 、民進党出身の細野は、フジテレビの報道番組の中で「元の民進党に戻るなんてあり得ない」と総選挙後も含め民進党へ復帰することを否定した。 9月27日時点では自民党に次ぐ政党支持率であった希望の党であるが、小池の「排除」発言とそれを受けての立憲民主党の結党後は支持率が当初から半減した。 選挙戦中盤の10月15日以降、希望の党が失速し、公示前勢力を割り込む見通しであることが報じられるようになる と、、、、ら民進党出身者らは希望の党の公約と異なる「憲法9条改正反対」「安保法制の白紙化」などを掲げるようになり 、公然と小池を批判する候補者も現れた ほか、やは選挙期間中に離党を示唆する異例の事態となった。 開票結果は、希望の党は小選挙区で18議席、比例代表で32議席の50議席を獲得したが、野党第一党は54議席を獲得した立憲民主党となった。 小池が知事を務める東京都内では希望の党は小選挙区で1勝(長島昭久ののみ)23敗であった。 結党メンバーのうち、() のほか、、、、、が小選挙区・比例代表いずれも落選。 また、民進党から移籍した要職経験者のうち元、元らが議席を失った。 小池は当日は公務でに出張しており、各社の取材に対し「非常に厳しい結果だ」と述べていた。 選挙後に行われた両院議員懇談会において、惨敗の責任は小池にあるとし、小池に対して代表の引責辞任を求める声も出た。 それに対し小池は「創業者としての責任がある」と述べ、代表を続投する考えを表明した。 総選挙後の動き [ ] 詳細は「」を参照 に行われた会合の中で、かねてより懸案であった小池とともに務める共同代表の人選を協議。 その結果、当面の間共同代表は置かない一方(選挙前より代表代行であったは続投)、幹事長に民進党出身の(前)を、暫定的に起用した。 またにおける希望の党からの候補としては、同じく民進党出身の元とした。 そして、共同代表については、11月中に選挙を行うことを発表した。 には、それまでに構えていた党本部を、があるに移転させることを表明した。 ちなみに、移転先の隣りには、大半の議員の古巣である民進党の本部が入居するビルがある。 共同代表選挙に当たり、渡辺周・玉木雄一郎・泉健太・大串博志の4人が立候補の意思を表明。 、共同代表選挙が告示され、いずれも民進党出身の・の2名が立候補した。 同月10日に両院議員総会を開き、共同代表選挙の投開票が行われ、玉木が39票を獲得し14票の大串をおさえて共同代表に当選した。 玉木の任期は小池と同じ9月までとなる。 に玉木共同代表は小池代表と会談し執行部人事について一任を取り付けた。 翌14日の両院議院総会において新執行部が承認される予定であったが、その総会の場において小池代表は「代表の座を降りて、しかるべき形で皆さんをサポートしたい」と述べ代表を辞任した。 後任の代表には玉木共同代表が就任し、衆院議員を幹事長に起用するなどの執行部人事も了承された。 代表選挙から一週間後の、小池前代表は党側からのオファーを受ける形で「特別顧問」に就任したと発表。 玉木雄一郎代表時代 [ ] 民進党との統一会派結成構想 [ ] の年末より、民進党は希望の党・立憲民主党との3党による統一会派の結成を目指し、オファーをした。 このうち立憲民主側は拒否したものの、希望側は前向きな考えを表明。 1月には、両党による幹事長・国会対策委員長による会談が持たれ、両党は統一会派の結成に向け、前向きに協議することで一致。 の党の役員会で、玉木代表は、の総会で統一会派に反対する結党メンバーの一部に対し分党を提案することを表明した。 しかし、翌日のに、民進党が希望の党との統一会派に対する党内の反発が噴出したことにより統一会派結成構想を断念し、これに伴い玉木代表は分党案などを取り下げた。 保守派・リベラル派の分党要求と民進党への合流論 [ ] 前述の通り、民進党との統一会派構想が燻る状態で、安全保障や憲法に関する見解の違いが党内で鮮明化し、結党メンバーである参議院議員団代表は2月7日の役員会で再び分党を要求した。 松沢には結党メンバーの、の両参議院議員、、両衆議院議員の5人が同調し、「国会議員5人以上」の政党要件を満たす見通しとなった。 執行部は古川元久幹事長に対応を一任 したが、その一方で大串博志らリベラル派の衆議院議員8名も分党を求めており、大串らは同月8日に民進党の代表と会談し、民進への合流・新党結成について意見を交換した。 これを受けて、執行部側も松沢らの保守系勢力の分党と分党後の民進党への合流・新党結成へ向け、調整を続けることとなった。 2月23日、代表の玉木と大串ら分党賛成派が会談を行い、民進党との合流・野党再編への道筋について意見交換を行う。 国民党の結成 [ ] 2018年3月、が民進党と希望の党の執行部が、合流した上での新党結成を模索していることを報道。 これを受け、大串衆議院議員は「希望の党が解党する決断をすれば、立憲民主党や民進党も含めて合流しやすくなる」と述べ、将来的な野党再編のためには解党が必要であるとの認識を示した。 また希望の党には、小池百合子前党代表・東京都知事のイメージが残ることも念頭に挙げ「小池さんのカラーを払拭する一番の方法は党自体を一旦なくし、自由に作り直すことだ」と発言。 なお、具体的な合流時期について民進党側は、「遅くとも統一地方選1年前の4月中、の前までには新しい党の形で戦うのがいい(民進党幹事長)」としている。 3月29日の産経新聞では、3月28日に民進党側が翌29日の幹部会合において希望との合併を提案する意向を固め、30日に開催される両院議員総会で了承を得た上で4月中の新党設立を目指すとしたことを報道。 同日開かれた常任幹事会において、合併協議に入る方針を正式決定。 これに関連して、玉木代表は、党内保守派と分党の上、新党への合流を進める考えを表明した。 ただ、党内からは民進党との合流に反対する議員も多く、上記のとおり分党する案もあるため、党が一枚岩となって合流するかどうかは不透明となっていた。 4月9日、玉木代表が民進党の大塚代表と会談し、当面は玉木・大塚の共同代表制とするなどの具体的な合流協議を再開した。 4月26日に玉木代表と民進党の大塚代表が合流による新党「 」結成の合意書に署名した。 同日、両院議員総会を開催し玉木代表ら新党参加組と松沢参議院議員団代表ら保守系メンバーの分党を決定。 松沢・中山夫妻・行田・井上の5人は別の新党を結成して「希望の党」の名称を引き継ぐこととなった。 なお、手続きとしては5月7日にまず「希望の党」を解党し、玉木ら新党合流組が「 国民党」、松沢らが(新)「 」をそれぞれ結党する形で分党し、このうち玉木らの「国民党」が翌8日に民進党に合流の上、民進党側が「国民民主党」へ党名を変更する方式を取ることとなった。 一方で「国民民主党」への不参加を表明する議員も相次ぎ、4月3日に細野 、25日に長島 、26日から27日にかけて笠、、、、、新党移行当日の5月7日には大串、、が新党への不参加を表明 、野党第1党を目指した「国民民主党」は衆参合わせて60人程度の規模にとどまり、現時点の野党第1党である立憲民主党を下回ることが確実な情勢となった。 5月7日、国民民主党の結党大会が行われ、同日、(旧)希望の党は東京都選挙管理委員会を通じてへ解散届を提出 するとともに、同日付で政治団体「国民党」(代表:玉木雄一郎、会計責任者:) の結成を届け出た。 翌8日、(新)「」(代表:松沢成文、会計責任者:) の結成届と国民党は民進党と合併し国民民主党を結成するため、総務大臣へ解散届を提出。 前日付で民進党が党名変更を届け出ていた国民民主党 に吸収合併され、(新)希望の党の分党と国民民主党結成の手続きが完了した。 国民民主党 衆36• 新 希望の党 衆2・参3• 政策 [ ] を抑え、を推し進めを進め、の削減等の身を切る改革、徹底した、の設立、農業補助金廃止、の削減、路線を取る等市場重視の立場を取る・路線を目指す。 一方、女性の社会進出促進や・等の保護、の活用、多様性重視、支援等では寄りの政策を示す等一定の配慮も掲げる。 制度はの導入により社会保障給付の複雑な体制を廃止して一律化を目指す。 外交面ではの堅持と強化、の容認、等のを目指すなど色を強く打ち出している。 希望の政治• しがらみのない政治• 議員定数・の縮減• 行政改革・徹底した情報公開• 真の地方分権の確立• 希望の社会• 女性政策など、ダイバーシティ政策の確立• 多様な教育(奨学金、高度研究、生涯教育)• 希望の経済• 消費税対応、実感できる景気回復の実現• ポストアベノミクスに替わる成長戦略 不動産の有効活用 AI 金融• 家計の安心による消費拡大 導入により低所得層の可処分所得を増やす。 希望を守る環境・エネルギー• 原発ゼロとゼロエミッション社会への行程作成• フードロス対策など• 希望溢れる日本の礎• 「」として12のゼロを掲げて選挙公約()としている。 組織 [ ] 役員 [ ] 特別顧問 代表代行 幹事長代理 政策調査会長代理 選挙対策委員長 国会対策委員長代理 役員室長 岸本周平 会計監査 認知症対策推進本部長 行政改革・情報公開推進本部長 憲法調査会長 外交・安全保障調査会長 エネルギー調査会長 社会保障制度調査会長• 参議院議員団代表の松沢成文のみ参議院議員、他は全て衆議院議員。 出典: PDF プレスリリース , 希望の党, 2017年11月14日 , 歴代代表一覧 [ ] 希望の党代表 代 代表 在任期間 備考 1 2017年9月25日 - 2017年11月14日 2 2017年11月14日 - 2018年5月7日 2017年11月10日から14日まで共同代表。 地方組織 [ ] 前述のとおり東京の地域政党であり、小池都知事が事実上率いる「都民ファーストの会」が国政進出する形で設立されており、第48回衆院選でも同党と政策協定を結ぶなど協力関係にある。 一方で、都民ファーストの会の幹事長は希望の党と都民ファーストの会は別組織であるという旨の発言をしており 、傘下組織として明確に位置付けられているわけではない。 希望の党としての都道府県連の設置については、民進党の地方議員から現状維持を求める声がある事などから、一律に設置する考えはないとしていた。 2018年5月の分党時までに地方組織の設立の方針が報じられたのは愛知・京都の2府県のみであり 、うち愛知県連は2018年2月16日に愛知県選挙管理委員会に設立を届出ている。 前原グループはや出身者が中心であり、旧細野グループは人脈的にやの流れをくむ議員が多い。 また(グループ)が立憲民主党・民進党との超党派グループとして、(旧グループ)が民進党との超党派グループとしてそれぞれ活動していた。 野田グループは新進党や日本新党などの出身議員を中心とするグループであり、旧高木グループは出身議員や系労組出身議員が中心である。 なお(旧グループ)が民進党との超党派グループとして活動していたが、に政治団体としては解散した。 旧大畠グループは新進党やの出身議員で結成されたグループだった。 参議院ではとの統一会派「 希望の会(自由・社民)」との区別のため「 希党」が用いられていた。 によれば、民進党側では、この合意に至る前に28日に予定されていた衆議院解散を控え、「希望の党との合流を含めた野党再編へ調整を急いでいた」とされる。 日本テレビの報道によれば、当初、民進党内には希望の党代表である小池の掲げた政策や政治手法に否定的な意見もあったが、「安倍政権を倒すためという一点で合流にさほど異論は出ないだろう」という意見が同党内の大勢であるとのことである。 維新の公認内定を得ていた支部長のうち、、、小林学の3名は維新の比例単独候補として立候補(全員落選)し、、、鹿野晃は希望の党へ移籍し、同党の公認候補となった(ただし、大熊はへ国替えとなった)。 例として、から民進党公認で立候補を予定していた(元職)は希望の党への移籍でからの立候補を余儀なくされ、落選した。 一方で過去に民主党公認でに立候補し、民進党が結党してすぐに離党した(元職)は単独1位に登載され、当選した。 民進党の公認を得る予定であった大阪府の元民進党支部長の大半が立憲民主党へ移籍して立候補し、が小選挙区、・・が比例復活で当選している。 一方、は民進党の党籍を残したまま無所属で立候補し、当選している。 伊藤俊輔、大熊利昭、、、など。 立憲民主党公認の自由党系候補が()、()で競合、またでは自由党の公認内定を得ていた候補者(鈴木麻理子)が無所属で立候補している。 馬淵は希望の党分裂後の2018年12月にが死去した事に伴う2019年4月に実施する大阪12区補選で樽床は立候補を表明し議員辞職したことにより2019年2月5日に繰り上げ当選した。 時代は合流する4か月弱前まで細野派として活動していた。 出典 [ ]• PDF プレスリリース , 総務省, 2017年9月25日 , 2017年9月26日閲覧。 2018年8月5日閲覧。 産経新聞. 2017年10月4日. 産経新聞. 2017年9月25日. 産経新聞. 2017年10月4日. 2017年9月27日. 2018年7月7日閲覧。 2018年3月31日閲覧• (英語). 2017年11月13日 2018年9月23日閲覧。 希望の党 2017年10月6日. 2017年10月7日閲覧。 nikkei. com. 2017年10月21日. 2019年7月27日閲覧。 時事通信. 2017年10月4日. 産経新聞. 2017年11月27日. 参議院 2017年11月19日閲覧。 時事通信 2017年10月3日• 2016年9月21日. 2017年7月10日閲覧。 讀賣新聞 2017年7月3日02時16分• 産経新聞 2017年7月3日. 2017年7月4日閲覧。 毎日新聞. 2017年9月16日. 2017年9月16日閲覧。 日刊スポーツ 2017年8月8日• 沖縄タイムス. 2017年9月24日. 2020年6月24日閲覧。 ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2017年9月25日. 2017年9月25日閲覧。 中日新聞 2017年9月23日• 日テレ 2017年9月25日• NHK. 2017年9月27日. 日本経済新聞. 2017年9月27日. 静岡新聞. 2017年9月27日. 共同通信. 2017年9月27日. 日本経済新聞. 2017年9月27日. Yahoo! ニュース. 時事通信. 2017年9月27日. 産経新聞. 2017年9月27日. 産経新聞. 2017年9月15日. 東京新聞. 2017年9月19日. 2017年9月27日9:56配信• 東京新聞 2017年9月27日• 産経新聞 2017年9月28日• 時事ドットコム. 2017年9月28日. 2017年9月28日閲覧。 NHK 2017年9月28日• 毎日新聞 2017年9月30日• 2017年10月2日. 2017年10月2日閲覧• - 産経新聞 2017年10月10日• 毎日新聞 2017年10月1日. 2017年10月1日閲覧。 - 讀賣新聞 2017年10月3日• 産経新聞 2017年10月4日. 2018年4月9日閲覧。 - 産経新聞 2017年10月2日• - 讀賣新聞 2017年9月30日• - 産経ニュース 2017年10月3日• NHK 2017年10月5日. 2017年10月6日閲覧。 - 産経新聞 2017年10月12日• - 産経新聞 2017年10月15日• - 朝日新聞 2017年10月15日• 毎日新聞. 2017年10月23日. 2019年10月20日閲覧。 毎日新聞. 2017年10月15日. 2019年10月20日閲覧。 産経新聞. 2017年10月16日. 2019年10月20日閲覧。 東京新聞. 2017年10月20日. 2019年10月20日閲覧。 産経新聞. 2017年10月21日. 2019年10月20日閲覧。 産経新聞. 2017年10月16日. 2019年10月20日閲覧。 産経新聞. 2017年10月18日. 2019年10月20日閲覧。 NHKニュース• 産経ニュース 2017年10月23日. 2017年10月13日閲覧。 - 産経新聞 2017年10月25日• NHK 2017年10月27日• 時事通信 2017年11月1日• 2017年11月5日 NHKニュース• - 北海道新聞 2017年11月8日• - 産経ニュース 2017年11月10日• 日本経済新聞. 2017年11月14日. 2017年11月14日閲覧。 時事通信. 2017年11月14日. 2017年11月14日閲覧。 産経新聞. 2017年11月21日. 2017年11月21日閲覧。 朝日新聞 2018年1月3日• - 産経ニュース 2018年2月7日• - 毎日新聞 2018年2月8日• - 時事ドットコム 2018年2月10日• - 讀賣新聞 2018年3月5日• - 毎日新聞 2018年3月7日• - 毎日新聞 2018年3月6日• 産経新聞• 時事ドットコム. 時事通信社 2018年3月30日. 2018年3月31日閲覧。 - 朝日新聞 2018年4月4日• TBS2018年4月10日付• 時事通信. 2018年4月26日. 2018年4月26日閲覧。 - 産経新聞 2018年4月26日• 産経新聞. 2018年4月3日. 2018年4月28日閲覧。 日本経済新聞. 2018年4月25日. 2018年4月28日閲覧。 産経新聞. 2018年4月27日. 2018年4月28日閲覧。 - 朝日新聞 2018年5月7日• - Twitter 2018年4月27日• - Twitter 2018年5月7日• - 東京新聞 2018年5月7日• - 総務省 2018年5月7日• - 総務省 2018年5月7日• - 総務省 2018年5月8日• - 総務省 2018年5月8日• - 総務省 2018年5月8日• 日本経済新聞 2017年10月5日. 2017年12月3日閲覧。 産経新聞 2017年9月26日. 2017年12月3日閲覧。 産経新聞 2017年11月30日. 2017年12月3日閲覧。 時事通信 2017年11月30日. 2017年12月3日閲覧。 毎日新聞 2017年12月22日. 2018年5月28日閲覧。 テレビ愛知 2018年2月16日. 2018年5月28日閲覧。 読売新聞. 2017年12月8日• , 286KB - () 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 公式サイト• kibounotou -• - チャンネル.

次の

希望の党

橋本琴絵 政党

橋本琴絵の経歴や大学はどこ?正露丸や梅干し果汁や海藻のデマで炎上!Facebookもやばい! 最近、新型コロナウイルスの情報で溢れている中で、デマで炎上した人がいます。 それは、 2017年衆議院広島選挙区5区で出馬し、落選した、橋本琴絵さんです! 橋本琴絵さんとは、いったいどんな人物なのでしょうか。 橋本琴絵さんの経歴や大学はどこ?正露丸や梅干し果汁や海藻のデマで炎上、Facebookもやばいについて、徹底調査しました! 抗生物質や抗ウイルス剤が無いとき、私たちは正露丸主成分「クレオソート」」で肺炎の治療をしてきました。 抗ウイルス剤に催奇性があるならば、国はクレオソートを使った新型コロナウイルスの破壊を始動すべきです。 経歴、大学を含めたプロフィールは以下の通りです。 名前 橋本琴絵(はしもとことえ) 生年月日 1988年11月17日(2020年3月12日現在、31歳) 血液型 O型 出身地 広島県 高校 広島大学付属福山高校(2007年卒業) 大学・学部 九州大学芸術工学部(2011年卒業) 出身大学院・専攻 バッキンガムシャー・ニュー・ユニバーシティにてミュージックエンターテイメントマネージメントの修士課程・専攻(卒業年不明) 大学院卒業後 音楽著作権管理会社会社員 初めての出馬 2017年衆議院選挙・小選挙区・広島5区で出馬し、落選 所属の政党 希望の党 現在 喫煙者の権利を守る会顧問 婚姻状況 既婚 さらに、2020年3月12日にTwitterで本人が「赤ちゃんを授かった」と告白しています。 君という字はコロナから出来ている。 — 橋本 琴絵(衆議院広島選挙区第5区 HashimotoKotoe 2017年に出馬した際には生後数か月の赤ちゃんを抱えながらの選挙になったそうなので、第2子ということですね。 橋本琴絵の正露丸や梅干し果汁や海藻のデマって何? 橋本琴絵さんがTwitterに投稿した正露丸や梅干し果汁や海藻のデマとは何なのか、調べてみました。 実際に投稿されたツイートは以下の通りです。 正露丸主成分フェノール類のエンベロープウイルス消毒(新型コロナウイルス等)による感染価の減少は、血清蛋白存在下では次の通りです。 経口投与では血中濃度が低いため、今までしてきたように皮下注射の治療が求められます。 — 橋本 琴絵(衆議院広島選挙区第5区 HashimotoKotoe 抗生物質や抗ウイルス剤が無いとき、私たちは正露丸主成分「クレオソート」」で肺炎の治療をしてきました。 抗ウイルス剤に催奇性があるならば、国はクレオソートを使った新型コロナウイルスの破壊を始動すべきです。 — 橋本 琴絵(衆議院広島選挙区第5区 HashimotoKotoe しかし、正露丸の公式Twitterには正露丸の効能について、以下のようにツイートされています。 服用される際は、定められた用法・用量を必ず守ってください。 その後、橋本琴絵さんは以下のようなことも話しています。 「正露丸を飲むと新型コロナウイルス感染症を治療できる」とするデマが、反日のレイシスト達によって拡散されています。 皆様、デマに騙されないよう気をつけて下さいね。 — 橋本 琴絵(衆議院広島選挙区第5区 HashimotoKotoe 自分でデマを流していながら、「騙されないように」と警告のツイート。 何を伝えたいのか、よくわかりませんね。 小梅ではなく、大きい梅干しである必要があり、さらにマスクに果汁を塗ることを話しています。 こちらは医学的根拠はなく、個人的な見解のようです。 海藻に含まれるフコイダンが肺におけるサイトカイン放出を抑制することに興味がある方はこちらをご覧ください。 — 橋本 琴絵(衆議院広島選挙区第5区 HashimotoKotoe こちらも特に医学的根拠はないようです。 全体的に過激な発言ばかりで、ヤバかった! 橋本琴絵の発言について、反響は? SNS上では、橋本琴絵さんの発言について、たくさんの反響がありました。 正露丸ネタの橋本琴絵氏はネタとして読む分には最高に面白い。 橋本琴絵、マジでヤベー奴じゃん。 デマにおどらされて、トイレットペーパーが買い占められたりなどもありましたね。 そのようなことにならないことを祈ります。 とにかく、何が目的なのかわかりませんが、橋本琴絵さんには今後デマは流さないようにしてもらいたいですね。 私たちはまずは変なデマには流されず、手洗い・うがい・除菌を徹底しましょう!.

次の

橋本琴絵(ハシモトコトエ)|政治家情報|選挙ドットコム

橋本琴絵 政党

開票速報一覧・記事の見方• 開票途中での当選者は朝日新聞社の判定による。 得票の少ない方の候補を当選とする場合があります。 集計途中では、比例区の政党名と候補の得票の合計が政党得票数と一致しないことがあります。 政党の略称は、自民(自由民主党)、希望(希望の党)、公明(公明党)、共産(日本共産党)、立憲(立憲民主党)、維新(日本維新の会)、社民(社会民主党)、こころ(日本のこころ)、大地(新党大地)、幸福(幸福実現党)、支持(支持政党なし)、無所は無所属。 希望と立憲の候補者について、略歴末尾の「民」「維」「由」は、原則として前職は解散時の政党(民進、維新、自由)、元職・新顔は解散時に公認予定だった政党を表します。 当選者は選挙管理委員会の発表に加え、朝日新聞社が全国で実施した出口調査や取材を元に判断しています。 開票前や一部未開票の選挙区も同様です。 ブラウザーや端末によっては、正しく表示されないことがあります。 北海道 小選挙区 1区 札幌市中央区、札幌市北区1区域、札幌市南区、札幌市西区1区域 2区 札幌市東区、札幌市北区2区域 3区 札幌市白石区、札幌市豊平区、札幌市清田区 4区 札幌市手稲区、札幌市西区4区域、小樽市、島牧村、寿都町、黒松内町、蘭越町、ニセコ町、真狩村、留寿都村、喜茂別町、京極町、倶知安町、共和町、岩内町、泊村、神恵内村、積丹町、古平町、仁木町、余市町、赤井川村 5区 札幌市厚別区、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村 6区 旭川市、士別市、名寄市、富良野市、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、上川町、東川町、美瑛町、上富良野町、中富良野町、南富良野町、占冠村、和寒町、剣淵町、下川町、美深町、音威子府村、中川町、幌加内町 7区 釧路市、根室市、釧路町、厚岸町、浜中町、標茶町、弟子屈町、鶴居村、白糠町、別海町、中標津町、標津町、羅臼町 8区 函館市、北斗市、松前町、福島町、知内町、木古内町、七飯町、鹿部町、森町、八雲町、長万部町、江差町、上ノ国町、厚沢部町、乙部町、奥尻町、今金町、せたな町 9区 室蘭市、苫小牧市、登別市、伊達市、豊浦町、壮瞥町、白老町、厚真町、洞爺湖町、安平町、むかわ町、日高町、平取町、新冠町、浦河町、様似町、えりも町、新ひだか町 10区 夕張市、岩見沢市、留萌市、美唄市、芦別市、赤平市、三笠市、滝川市、砂川市、歌志内市、深川市、南幌町、奈井江町、上砂川町、由仁町、長沼町、栗山町、月形町、浦臼町、新十津川町、妹背牛町、秩父別町、雨竜町、北竜町、沼田町、増毛町、小平町、苫前町、羽幌町、初山別村、遠別町、天塩町 11区 帯広市、音更町、士幌町、上士幌町、鹿追町、新得町、清水町、芽室町、中札内村、更別村、大樹町、広尾町、幕別町、池田町、豊頃町、本別町、足寄町、陸別町、浦幌町 12区 北見市、網走市、稚内市、紋別市、猿払村、浜頓別町、中頓別町、枝幸町、豊富町、礼文町、利尻町、利尻富士町、幌延町、美幌町、津別町、斜里町、清里町、小清水町、訓子府町、置戸町、佐呂間町、遠軽町、湧別町、滝上町、興部町、西興部村、雄武町、大空町• 青森 小選挙区 1区 青森市、むつ市、平内町、今別町、蓬田村、外ケ浜町、野辺地町、横浜町、六ケ所村、大間町、東通村、風間浦村、佐井村 2区 八戸市、十和田市、三沢市、七戸町、六戸町、東北町、おいらせ町、三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村 3区 弘前市、黒石市、五所川原市、つがる市、平川市、鰺ケ沢町、深浦町、西目屋村、藤崎町、大鰐町、田舎館村、板柳町、鶴田町、中泊町• 岩手 小選挙区 1区 盛岡市、紫波町、矢巾町 2区 宮古市、大船渡市、久慈市、遠野市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町 3区 花巻市、北上市、一関市、奥州市、西和賀町、金ケ崎町、平泉町• 宮城 小選挙区 1区 仙台市青葉区、仙台市太白区1区域 2区 仙台市宮城野区、仙台市若林区、仙台市泉区 3区 仙台市太白区3区域、白石市、名取市、角田市、岩沼市、蔵王町、七ケ宿町、大河原町、村田町、柴田町、川崎町、丸森町、亘理町、山元町 4区 塩釜市、多賀城市、富谷市、七ケ浜町、利府町、大和町、大衡村、色麻町、加美町 5区 石巻市、東松島市、大崎市5区域、松島町、大郷町、涌谷町、美里町、女川町、南三陸町 6区 気仙沼市、登米市、栗原市、大崎市6区域• 秋田 小選挙区 1区 秋田市 2区 能代市、大館市、男鹿市、鹿角市、潟上市、北秋田市、小坂町、上小阿仁村、藤里町、三種町、八峰町、五城目町、八郎潟町、井川町、大潟村 3区 横手市、湯沢市、由利本荘市、大仙市、にかほ市、仙北市、美郷町、羽後町、東成瀬村• 山形 小選挙区 1区 山形市、上山市、天童市、山辺町、中山町 2区 米沢市、寒河江市、村山市、長井市、東根市、尾花沢市、南陽市、河北町、西川町、朝日町、大江町、大石田町、高畠町、川西町、小国町、白鷹町、飯豊町 3区 鶴岡市、酒田市、新庄市、金山町、最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村、三川町、庄内町、遊佐町• 福島 小選挙区 1区 福島市、相馬市、南相馬市、伊達市、桑折町、国見町、川俣町、新地町、飯舘村 2区 郡山市、二本松市、本宮市、大玉村 3区 白河市、須賀川市、田村市、鏡石町、天栄村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町 4区 会津若松市、喜多方市、下郷町、檜枝岐村、只見町、南会津町、北塩原村、西会津町、磐梯町、猪苗代町、会津坂下町、湯川村、柳津町、三島町、金山町、昭和村、会津美里町、西郷村 5区 いわき市、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村• 茨城 小選挙区 1区 水戸市1区域、下妻市1区域、笠間市1区域、筑西市、桜川市、常陸大宮市1区域、城里町 2区 鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市、小美玉市2区域、水戸市2区域、笠間市2区域、茨城町、大洗町 3区 龍ケ崎市、取手市、牛久市、守谷市、稲敷市、美浦村、阿見町、河内町、利根町 4区 常陸太田市、ひたちなか市、常陸大宮市4区域、那珂市、大子町 5区 日立市、高萩市、北茨城市、東海村 6区 土浦市、石岡市、つくば市、かすみがうら市、つくばみらい市、小美玉市6区域 7区 古河市、結城市、常総市、坂東市、下妻市7区域、八千代町、五霞町、境町• 栃木 小選挙区 1区 宇都宮市1区域、下野市1区域、上三川町 2区 鹿沼市、日光市、さくら市、宇都宮市2区域、栃木市2区域、塩谷町、高根沢町 3区 大田原市、矢板市、那須塩原市、那須烏山市、那須町、那珂川町 4区 小山市、真岡市、下野市4区域、栃木市4区域、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、壬生町、野木町 5区 足利市、栃木市5区域、佐野市• 群馬 小選挙区 1区 前橋市、沼田市、桐生市1区域、みどり市1区域、渋川市1区域、片品村、川場村、昭和村、みなかみ町 2区 桐生市2区域、伊勢崎市、みどり市2区域、太田市2区域、玉村町 3区 太田市3区域、館林市、板倉町、明和町、千代田町、大泉町、邑楽町 4区 高崎市4区域、藤岡市、上野村、神流町 5区 渋川市5区域、富岡市、安中市、高崎市5区域、榛東村、吉岡町、下仁田町、南牧村、甘楽町、中之条町、長野原町、嬬恋村、草津町、高山村、東吾妻町• 埼玉 小選挙区 1区 さいたま市見沼区1区域、さいたま市浦和区、さいたま市緑区、さいたま市岩槻区 2区 川口市2区域 3区 草加市、越谷市3区域 4区 朝霞市、志木市、和光市、新座市 5区 さいたま市西区、さいたま市北区、さいたま市大宮区、さいたま市中央区、さいたま市見沼区5区域 6区 鴻巣市6区域、上尾市、桶川市、北本市、伊奈町 7区 川越市、富士見市、ふじみ野市7区域 8区 所沢市、ふじみ野市8区域、三芳町 9区 飯能市、狭山市、入間市、日高市、毛呂山町、越生町 10区 東松山市、坂戸市、鶴ケ島市、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町 11区 秩父市、本庄市、深谷市、熊谷市11区域、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、東秩父村、美里町、神川町、上里町、寄居町 12区 熊谷市12区域、行田市、加須市、羽生市、鴻巣市12区域 13区 春日部市13区域、久喜市13区域、蓮田市、白岡市、越谷市13区域、宮代町 14区 八潮市、三郷市、幸手市、吉川市、久喜市14区域、春日部市14区域、杉戸町、松伏町 15区 さいたま市桜区、さいたま市南区、蕨市、戸田市、川口市15区域• 千葉 小選挙区 1区 千葉市中央区、千葉市稲毛区、千葉市美浜区 2区 千葉市花見川区、習志野市、八千代市 3区 千葉市緑区、市原市 4区 船橋市4区域 5区 市川市5区域、浦安市 6区 松戸市6区域、市川市6区域 7区 野田市、流山市、松戸市7区域 8区 柏市8区域、我孫子市 9区 千葉市若葉区、佐倉市、四街道市、八街市 10区 銚子市、成田市、旭市、匝瑳市、香取市、神崎町、多古町、東庄町、横芝光町10区域 11区 茂原市、東金市、勝浦市、山武市、いすみ市、大網白里市、九十九里町、芝山町、横芝光町11区域、一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町、大多喜町、御宿町 12区 館山市、木更津市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、南房総市、鋸南町 13区 鎌ケ谷市、印西市、白井市、富里市、柏市13区域、船橋市13区域、酒々井町、栄町• 東京 小選挙区 1区 千代田区、港区1区域、新宿区1区域 2区 中央区、文京区、台東区2区域、港区2区域 3区 品川区3区域、大田区3区域、大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、八丈町、青ケ島村、小笠原村 4区 大田区4区域 5区 目黒区5区域、世田谷区5区域 6区 世田谷区6区域 7区 渋谷区、中野区7区域、杉並区7区域、品川区7区域、目黒区7区域 8区 杉並区8区域 9区 練馬区9区域 10区 豊島区10区域、練馬区10区域、新宿区10区域、中野区10区域 11区 板橋区11区域 12区 北区、足立区12区域、豊島区12区域、板橋区12区域 13区 足立区13区域 14区 墨田区、荒川区、台東区14区域 15区 江東区 16区 江戸川区16区域 17区 葛飾区、江戸川区17区域 18区 武蔵野市、府中市、小金井市 19区 小平市、国分寺市、西東京市 20区 東村山市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市 21区 八王子市21区域、立川市、日野市、国立市、多摩市21区域、稲城市21区域 22区 三鷹市、調布市、狛江市、稲城市22区域 23区 町田市、多摩市23区域 24区 八王子24区域 25区 青梅市、昭島市、福生市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町• 神奈川 小選挙区 1区 横浜市中区、横浜市磯子区、横浜市金沢区 2区 横浜市西区、横浜市南区、横浜市港南区 3区 横浜市鶴見区、横浜市神奈川区 4区 横浜市栄区、鎌倉市、逗子市、葉山町 5区 横浜市戸塚区、横浜市瀬谷区、横浜市泉区 6区 横浜市保土ケ谷区、横浜市旭区 7区 横浜市港北区、横浜市都筑区7区域 8区 横浜市緑区、横浜市青葉区、横浜市都筑区8区域 9区 川崎市多摩区、川崎市宮前区9区域、川崎市麻生区 10区 川崎市川崎区、川崎市幸区、川崎市中原区10区域 11区 横須賀市、三浦市 12区 藤沢市、寒川町 13区 大和市、海老名市、座間市13区域、綾瀬市 14区 相模原市緑区14区域、相模原市中央区、相模原市南区14区域 15区 平塚市、茅ケ崎市、大磯町、二宮町 16区 相模原市緑区16区域、相模原市南区16区域、厚木市、伊勢原市、座間市16区域、愛川町、清川村 17区 小田原市、秦野市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町 18区 川崎市高津区、川崎市中原区18区域、川崎市宮前区18区域• 新潟 小選挙区 1区 新潟市北区1区域、新潟市東区、新潟市中央区、新潟市江南区1区域、新潟市西区1区域 2区 新潟市南区2区域、新潟市西区2区域、新潟市西蒲区、柏崎市、燕市、佐渡市、長岡市2区域、弥彦村、出雲崎町、刈羽村 3区 新潟市北区3区域、新発田市、村上市、五泉市、阿賀野市、胎内市、聖籠町、阿賀町、関川村、粟島浦村 4区 新潟市江南区・北区4区域、新潟市秋葉区、新潟市南区4区域、三条市、加茂市、見附市、長岡市4区域、田上町 5区 長岡市5区域、小千谷市、魚沼市、南魚沼市、湯沢町 6区 十日町市、糸魚川市、妙高市、上越市、津南町• 富山 小選挙区 1区 富山市1区域 2区 魚津市、滑川市、黒部市、富山市2区域、舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町 3区 高岡市、氷見市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市• 石川 小選挙区 1区 金沢市 2区 小松市、加賀市、白山市、能美市、野々市市、川北町 3区 七尾市、輪島市、珠洲市、羽咋市、かほく市、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町• 福井 小選挙区 1区 福井市、大野市、勝山市、あわら市、坂井市、永平寺町 2区 敦賀市、小浜市、鯖江市、越前市、池田町、南越前町、越前町、美浜町、高浜町、おおい町、若狭町• 山梨 小選挙区 1区 甲府市、韮崎市、南アルプス市、北杜市、甲斐市、中央市、市川三郷町、早川町、身延町、南部町、富士川町、昭和町 2区 富士吉田市、都留市、山梨市、大月市、笛吹市、上野原市、甲州市、道志村、西桂町、忍野村、山中湖村、鳴沢村、富士河口湖町、小菅村、丹波山村• 長野 小選挙区 1区 長野市1区域、須坂市、中野市、飯山市、小布施町、高山村、山ノ内町、木島平村、野沢温泉村、栄村 2区 松本市、大町市、安曇野市、長野市2区域、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村、池田町、松川村、白馬村、小谷村、信濃町、小川村、飯綱町 3区 上田市、小諸市、佐久市、千曲市、東御市、小海町、川上村、南牧村、南相木村、北相木村、佐久穂町、軽井沢町、御代田町、立科町、青木村、長和町、坂城町 4区 岡谷市、諏訪市、茅野市、塩尻市、下諏訪町、富士見町、原村、上松町、南木曽町、木祖村、王滝村、大桑村、木曽町 5区 飯田市、伊那市、駒ケ根市、辰野町、箕輪町、飯島町、南箕輪村、中川村、宮田村、松川町、高森町、阿南町、阿智村、平谷村、根羽村、下條村、売木村、天龍村、泰阜村、喬木村、豊丘村、大鹿村• 岐阜 小選挙区 1区 岐阜市1区域 2区 大垣市、海津市、養老町、垂井町、関ケ原町、神戸町、輪之内町、安八町、揖斐川町、大野町、池田町 3区 関市、美濃市、羽島市、各務原市、山県市、瑞穂市、本巣市、岐阜市3区域、岐南町、笠松町、北方町 4区 高山市、美濃加茂市、可児市、飛騨市、郡上市、下呂市、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村、御嵩町、白川村 5区 多治見市、中津川市、瑞浪市、恵那市、土岐市• 静岡 小選挙区 1区 静岡市葵開票区、静岡市駿河開票区 2区 島田市、焼津市、藤枝市、御前崎市2区域、牧之原市、吉田町、川根本町 3区 浜松市天竜区3区域、磐田市、掛川市、袋井市、菊川市、御前崎市3区域、森町 4区 静岡市清水開票区、富士宮市、富士市4区域 5区 三島市、富士市5区域、御殿場市、裾野市、伊豆の国市5区域、函南町、小山町 6区 沼津市、熱海市、伊東市、下田市、伊豆市、伊豆の国市6区域、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町、清水町、長泉町 7区 浜松市中区7区域、浜松市西区、浜松市南区7区域、浜松市北区、浜松市浜北区、浜松市天竜区7区域、湖西市 8区 浜松市東区、浜松市中区8区域、浜松市南区8区域• 愛知 小選挙区 1区 名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中区 2区 名古屋市千種区、名古屋市守山区、名古屋市名東区 3区 名古屋市昭和区、名古屋市緑区、名古屋市天白区 4区 名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市港区、名古屋市南区 5区 名古屋市中村区、名古屋市中川区、清須市、北名古屋市、豊山町 6区 瀬戸市6区域、春日井市、犬山市、小牧市 7区 大府市、尾張旭市、豊明市、日進市、長久手市、瀬戸市7区域、東郷町 8区 半田市、常滑市、東海市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町 9区 津島市、稲沢市、愛西市、弥富市、あま市、一宮市9区域、大治町、蟹江町、飛島村 10区 一宮市10区域、江南市、岩倉市、大口町、扶桑町 11区 豊田市11区域、みよし市 12区 岡崎市、西尾市 13区 碧南市、刈谷市、安城市、知立市、高浜市 14区 豊川市、蒲郡市、新城市、豊田市14区域、幸田町、設楽町、東栄町、豊根村 15区 豊橋市、田原市• 三重 小選挙区 1区 津市、松阪市 2区 四日市市2区域、鈴鹿市、名張市、亀山市、伊賀市 3区 桑名市、いなべ市、四日市市3区域、木曽岬町、東員町、菰野町、朝日町、川越町 4区 伊勢市、尾鷲市、鳥羽市、熊野市、志摩市、多気町、明和町、大台町、玉城町、度会町、大紀町、南伊勢町、紀北町、御浜町、紀宝町• 滋賀 小選挙区 1区 大津市、高島市 2区 彦根市、長浜市、米原市、東近江市2区域、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町 3区 草津市、守山市、栗東市、野洲市 4区 近江八幡市、甲賀市、湖南市、東近江市4区域、日野町、竜王町• 京都 小選挙区 1区 京都市北区、京都市上京区、京都市中京区、京都市下京区、京都市南区 2区 京都市左京区、京都市東山区、京都市山科区 3区 京都市伏見区、向日市、長岡京市、大山崎町 4区 京都市右京区、京都市西京区、亀岡市、南丹市、京丹波町 5区 福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町 6区 宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、木津川市、久御山町、井手町、宇治田原町、笠置町、和束町、精華町、南山城村• 大阪 小選挙区 1区 大阪市西区、大阪市港区、大阪市天王寺区、大阪市浪速区、大阪市東成区、大阪市中央区 2区 大阪市生野区、大阪市阿倍野区、大阪市東住吉区、大阪市平野区 3区 大阪市大正区、大阪市住吉区、大阪市西成区、大阪市住之江区 4区 大阪市都島区、大阪市福島区、大阪市城東区、大阪市北区 5区 大阪市此花区、大阪市西淀川区、大阪市東淀川区、大阪市淀川区 6区 大阪市旭区、大阪市鶴見区、守口市、門真市 7区 吹田市、摂津市 8区 豊中市 9区 池田市、茨木市、箕面市、豊能町、能勢町 10区 高槻市、島本町 11区 枚方市、交野市 12区 寝屋川市、大東市、四條畷市 13区 東大阪市 14区 八尾市、柏原市、羽曳野市、藤井寺市 15区 堺市美原区、富田林市、河内長野市、松原市、大阪狭山市、太子町、河南町、千早赤阪村 16区 堺市堺区、堺市東区、堺市北区 17区 堺市中区、堺市西区、堺市南区 18区 岸和田市、泉大津市、和泉市、高石市、忠岡町 19区 貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町、岬町• 兵庫 小選挙区 1区 神戸市東灘区、神戸市灘区、神戸市中央区 2区 神戸市兵庫区、神戸市長田区、神戸市北区、西宮市2区域 3区 神戸市須磨区、神戸市垂水区 4区 神戸市西区、西脇市、三木市、小野市、加西市、加東市、多可町 5区 豊岡市、川西市5区域、三田市、篠山市、養父市、丹波市、朝来市、猪名川町、香美町、新温泉町 6区 伊丹市、宝塚市、川西市6区域 7区 芦屋市、西宮市7区域 8区 尼崎市 9区 明石市、洲本市、南あわじ市、淡路市 10区 加古川市、高砂市、稲美町、播磨町 11区 姫路市11区域 12区 相生市、赤穂市、宍粟市、たつの市、姫路市12区域、市川町、福崎町、神河町、太子町、上郡町、佐用町• 奈良 小選挙区 1区 奈良市1区域、生駒市 2区 大和郡山市、天理市、香芝市、奈良市2区域、山添村、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、上牧町、王寺町、広陵町、河合町 3区 大和高田市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、葛城市、宇陀市、曽爾村、御杖村、高取町、明日香村、吉野町、大淀町、下市町、黒滝村、天川村、野迫川村、十津川村、下北山村、上北山村、川上村、東吉野村• 和歌山 小選挙区 1区 和歌山市 2区 海南市、橋本市、有田市、紀の川市、岩出市、紀美野町、かつらぎ町、九度山町、高野町 3区 御坊市、田辺市、新宮市、湯浅町、広川町、有田川町、美浜町、日高町、由良町、印南町、みなべ町、日高川町、白浜町、上富田町、すさみ町、那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村、串本町• 鳥取 小選挙区 1区 鳥取市、倉吉市、岩美町、若桜町、智頭町、八頭町、三朝町 2区 米子市、境港市、湯梨浜町、琴浦町、北栄町、日吉津村、大山町、南部町、伯耆町、日南町、日野町、江府町• 島根 小選挙区 1区 松江市、安来市、出雲市1区域、雲南市1区域、奥出雲町、海士町、西ノ島町、知夫村、隠岐の島町 2区 浜田市、出雲市2区域、益田市、大田市、江津市、雲南市2区域、飯南町、川本町、美郷町、邑南町、津和野町、吉賀町• 岡山 小選挙区 1区 岡山市北区1区域、岡山市南区1区域、吉備中央町1区域 2区 岡山市中区、岡山市東区2区域、岡山市北区2区域、岡山市南区2区域、玉野市、瀬戸内市 3区 岡山市東区3区域、津山市、備前市、赤磐市、真庭市3区域、美作市、和気町、新庄村、鏡野町、勝央町、奈義町、西粟倉村、久米南町、美咲町 4区 倉敷市4区域、早島町 5区 笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、浅口市、倉敷市5区域、真庭市5区域、里庄町、矢掛町、吉備中央町5区域• 広島 小選挙区 1区 広島市中区、広島市東区、広島市南区 2区 広島市西区、広島市佐伯区、大竹市、廿日市市、江田島市2区域 3区 広島市安佐南区、広島市安佐北区、安芸高田市、安芸太田町、北広島町 4区 広島市安芸区、東広島市4区域、三原市4区域、府中町、海田町、熊野町、坂町 5区 呉市、竹原市、三原市5区域、東広島市5区域、江田島市5区域、尾道市5区域、大崎上島町 6区 三原市6区域、尾道市6区域、府中市、三次市、庄原市、世羅町、神石高原町 7区 福山市• 山口 小選挙区 1区 山口市1区域、防府市、周南市1区域 2区 下松市、岩国市、光市、柳井市、周南市2区域、周防大島町、和木町、上関町、田布施町、平生町 3区 宇部市、萩市、美祢市、山陽小野田市、山口市3区域、阿武町 4区 下関市、長門市• 徳島 小選挙区 1区 徳島市、小松島市、阿南市、勝浦町、上勝町、佐那河内村、石井町、神山町、那賀町、牟岐町、美波町、海陽町 2区 鳴門市、吉野川市、阿波市、美馬市、三好市、松茂町、北島町、藍住町、板野町、上板町、つるぎ町、東みよし町• 香川 小選挙区 1区 高松市1区域、土庄町、小豆島町、直島町 2区 坂出市、さぬき市、東かがわ市、丸亀市2区域、高松市2区域、三木町、宇多津町、綾川町 3区 丸亀市3区域、善通寺市、観音寺市、三豊市、琴平町、多度津町、まんのう町• 愛媛 小選挙区 1区 松山市1区域 2区 今治市、東温市、松山市2区域、上島町、松前町、砥部町 3区 新居浜市、西条市、四国中央市 4区 宇和島市、八幡浜市、大洲市、伊予市、西予市、久万高原町、内子町、伊方町、松野町、鬼北町、愛南町• 高知 小選挙区 1区 高知市1区域、室戸市、安芸市、南国市、香南市、香美市、東洋町、奈半利町、田野町、安田町、北川村、馬路村、芸西村、本山町、大豊町、土佐町、大川村 2区 土佐市、須崎市、宿毛市、土佐清水市、四万十市、高知市2区域、いの町、仁淀川町、中土佐町、佐川町、越知町、梼原町、日高村、津野町、四万十町、大月町、三原村、黒潮町• 福岡 小選挙区 1区 福岡市東区、福岡市博多区 2区 福岡市中央区、福岡市南区2区域、福岡市城南区2区域 3区 福岡市西区、福岡市早良区、福岡市城南区3区域、糸島市 4区 宗像市、古賀市、福津市、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町 5区 福岡市南区5区域、筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、朝倉市、那珂川町、筑前町、東峰村 6区 久留米市、大川市、小郡市、うきは市、大刀洗町、大木町 7区 大牟田市、柳川市、八女市、筑後市、みやま市、広川町 8区 直方市、飯塚市、中間市、宮若市、嘉麻市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、小竹町、鞍手町、桂川町 9区 北九州市若松区、北九州市戸畑区、北九州市八幡東区、北九州市八幡西区 10区 北九州市門司区、北九州市小倉北区、北九州市小倉南区 11区 田川市、行橋市、豊前市、香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町、苅田町、みやこ町、吉富町、上毛町、築上町• 佐賀 小選挙区 1区 佐賀市、鳥栖市、神埼市、吉野ケ里町、基山町、上峰町、みやき町 2区 唐津市、多久市、伊万里市、武雄市、鹿島市、小城市、嬉野市、玄海町、有田町、大町町、江北町、白石町、太良町• 長崎 小選挙区 1区 長崎市1区域 2区 島原市、諫早市、雲仙市、南島原市、長崎市2区域、長与町、時津町 3区 佐世保市3区域、大村市、対馬市、壱岐市、五島市、東彼杵町、川棚町、波佐見町、小値賀町、新上五島町 4区 平戸市、松浦市、西海市、佐世保市4区域、佐々町• 熊本 小選挙区 1区 熊本市中央区、熊本市東区、熊本市北区 2区 熊本市西区、熊本市南区、荒尾市、玉名市、玉東町、南関町、長洲町、和水町 3区 山鹿市、菊池市、阿蘇市、合志市、大津町、菊陽町、南小国町、小国町、産山村、高森町、西原村、南阿蘇村、御船町、嘉島町、益城町、甲佐町、山都町 4区 八代市、人吉市、水俣市、宇土市、上天草市、宇城市、天草市、美里町、氷川町、芦北町、津奈木町、錦町、多良木町、湯前町、水上村、相良村、五木村、山江村、球磨村、あさぎり町、苓北町• 大分 小選挙区 1区 大分市1区域 2区 日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後大野市、由布市、大分市2区域、九重町、玖珠町 3区 別府市、中津市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、国東市、姫島村、日出町• 宮崎 小選挙区 1区 宮崎市、国富町、綾町 2区 延岡市、日向市、西都市、高鍋町、新富町、西米良村、木城町、川南町、都農町、門川町、諸塚村、椎葉村、美郷町、高千穂町、日之影町、五ケ瀬町 3区 都城市、日南市、小林市、串間市、えびの市、三股町、高原町• 鹿児島 小選挙区 1区 鹿児島市1区域、三島村、十島村 2区 枕崎市、指宿市、南さつま市、奄美市、南九州市、鹿児島市2区域、大和村、宇検村、瀬戸内町、龍郷町、喜界町、徳之島町、天城町、伊仙町、和泊町、知名町、与論町 3区 阿久根市、出水市、薩摩川内市、日置市、いちき串木野市、伊佐市、姶良市、さつま町、長島町、湧水町 4区 鹿屋市、西之表市、垂水市、曽於市、霧島市、志布志市、大崎町、東串良町、錦江町、南大隅町、肝付町、中種子町、南種子町、屋久島町• 沖縄 小選挙区 1区 那覇市、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、久米島町 2区 宜野湾市、浦添市、読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町 3区 名護市、沖縄市、うるま市、国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村、伊平屋村、伊是名村 4区 石垣市、糸満市、豊見城市、宮古島市、南城市、与那原町、南風原町、八重瀬町、多良間村、竹富町、与那国町.

次の