剣盾 トリルパ。 【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

【ポケモン剣盾S2使用構築】百花繚乱ブリムランクルス【最高184位 最終756位】

剣盾 トリルパ

Contents• はじめに どうも喰い断です。 ライブ配信中に3位になった「とにかく勝ちたい」と言う初心者向けのパーティの構築記事を書こうと思います。 ランキング1位を目指したい!という人や、世界大会を目指したい!という人は参考にしないでください。 「ランキング3位になれる構築」で、今後も十分に通用する構築で、とにかく勝てる構築ではありますが、この思想で世界を目指せるかと言うと、非常に難しい構築となっています。 また下手に読んだり、僕の想定していない行動を選択すると勝てません。 とにかく決まった行動を連打するようにしましょう。 色気を出して上手なプレイングをしようとすると負けます。 パーティ作成経緯 youtubeチャンネルでポケモンの交換会を主催したところ、予想以上にポケモン初心者の人たちが来てくれた。 そこで初心者向けのパーティを組みたいなと思ったので、強さはある程度度外視し、ほぼ行動を完全にパターン化して覚えることも少ない構築を組むことに。 現環境ではドリュウズなどの天候エースや追い風、ダイジェット等の素早さに関連する駆け引きが多く行われているが、今世代からの素早さ変動の仕様ははっきりいって面倒くさい。 そんなもんを前提とする構築を初心者に与えると、「ダブル面倒くさい!」と言って逃げていくのは明らかなので、素早さが変動したとしても影響を受けにくい「トリックルーム」を軸とすることとした。 トリックルームパーティは効果時間中に決める必要がある都合上、勝つためには行動をパターン化する必要があるため、初心者に勝ってもらうのが主目的となる本構築には最適だと言える。 パーティ 本日の配信で使用し、ダブルランク3位まで上げたドサイドン軸の構築です。 主力技でありダイマックスしない場合や終了後に範囲で押し込める岩雪崩。 ダイナックルのベースとして運用しつつ、ダイマックス終了後にナットレイを仕留めるための馬鹿力。 ターンを稼ぐのと相手のダイマックス技を防ぐために重要な、「ダイウォール」の元技とするためのまもるを採用。 特性と道具の活用法は次項のヤレユータンで。 ナモでダイアークを無理やり耐えながらトリックルームを始動してドサイドンを支援する。 「じならし」はドサイドンの持つ「じゃくてんほけん」を起動しつつ、相手のドリュウズやエルフーンのタスキ破壊を狙うという、一石二鳥にも三鳥にもなるこのパーティの中核となる技である(ドサイドンは特性の「ハードロック」でこのダメージを軽減する)。 本来ダイマックス候補となるポケモンの弱点保険は警戒されやすいが、この構築は能動的に弱点保険の起動が狙うことができるようになっている。 バンギラスに代表される相手側の弱点保険を起動してしまう場面もあるため、使う時はその点にだけは注意が必要である。 イカサマは主に相手のドラパルトや、弱点保険を発動させたダイマックスポケモンを狙って使っていく。 ドサイドンのダイマックス中は単体攻撃しかできないため、迅速に相手の残数を削りたい時は非常に優秀なダメージソースとなる。 残るサイコキネシスはタイプ一致ではあるものの、技の採用には諸説ある。 一応汎用的に使える技ではあるのだが、それがなんらかの決め手となることも無いため、相手の壁構築を対策しつつ、相手のバンギラスの保険のリスクを踏まず、味方のドサイドンの保険を発動できる「かわらわり」や、処理が遅れやすいアーマーガアを倒せる「10まんボルト」。 ロトムとトリトドンへの打点となる「エナジーボール」や、補助技を使ったポケモンを固められる「アンコール」に加え、ダイマックスポケモンに有効な「あくび」。 ひょいひょいすると楽しい上に相手の想定を崩せる「サイドチェンジ」等候補となる技は様々。 しかしどの技も決め手としては弱かったため、汎用的で多くの場面で採用できるサイコキネシスで妥協している。 支援されても火力が足りないので持ち物をするどいくちばしにすることで無理やり補強している。 またダイマックスをするエースのドサイドンが支援?と思うかもしれないが、支援できてしまうのが今作のダイマックスである。 ヤレユータンは保険を始動したらアーマーガアに交換。 アーマーガアはミラアーマーの効果で威嚇などを無効にしつつ、ドサイドンの「ダイアース」と「ダイナックル」で特防と攻撃の強化が可能。 ドサイドンが暴れている間の相手は守りに入るしかできないので、その間に悠々とビルドアップで能力を上げてゲームエンドを狙う。 ここまでくると羽休めとアイヘブレバで殆どの相手を詰め切れる。 またこの技選択の順番はドサイドン本体はダイロックの砂嵐による岩タイプ特防1. 5で2. 25倍にすることが可能となる。 ヤレユータンはどうせアーマーガアに交換することになるのだから、岩技と地面技の両方に選択する理由があるのなら、この事情からできる限りダイロックから選択していきたい。 エラがみ連打のウオノラゴンを上から叩いて倒したり、攻撃を行うことで味方を支援する。 ヤレユータンはバンドリを意識して物理耐久に特化しているため、特殊型であるダイマックスサザンドラのダイアークは極めて厳しい相手となる。 但しサザンドラ側がドラパルトの眼鏡流星群耐えを行っていると、保険を起動してヤレユータンが倒されてしまうこともあるので注意。 そのため眼鏡流星耐えサザンドラはこの構築の天敵となっているので、そういう時はアーマーガアでダイジェットを連打してドサイドンの素早さを強化しよう。 素早さを上げ過ぎてトリル中に先手を取られてしまったり、攻撃を削って仕留め切れなくなったり、耐久を削るようでは本末転倒だが、無理のない範囲で僅かに素早さを上げている本構築のドサイドンは、ダイジェット連打で素早さを上げることでの支援も可能なのだ。 フレアドライブでナットレイを、ワイルドボルトでギャラドスを、インファイトでバンギラスをふっとばすことも可能で中々に器用。 相手はドラパルトを下げてドサイドンを警戒するため、ハイドロポンプを選択する可能性が非常に高くなる。 そんな時にドラパルトからウインディに引くと、相手のハイドロポンプを貰って倒れてくれるので、ドサイドンの無償降臨が可能となる。 そのため本構築のウインディは僕の構築にありがちな「面倒くさいから」と言う理由で努力値の端数が降られていないわけではなく、「耐久を1でも伸ばして下手に耐えられる困る」と言った事情から伸ばしていない。 そのため余ったステータスはとりあえず素早さを強化する形にしているが、トリックルーム特化型のパーティである以上、鉢巻しんそくである程度対応できるとはいえ、先手を取れずに困った展開になる場面も多い。 故に「こうげき以外のステータスは伸ばさない」ようにして努力値を余らせると言った選択であったり、「いっそ耐久の個体値を下げる形でステータスをより下げる」だったり、「素早さは伸ばすが特定のラインで止める」と言った多くの選択肢が存在する。 このポケモンの最適化は極めて甘く、構築の最適化の余地があると断言してもよいが、まあ3位まで行けている以上、そんなに勝率に関わってくるわけではないと思う。 もしもこの構築を気に入った!俺はこの構築と添い遂げる!!と言う決意をした人がいるならば、このウインディのステータス選択に注目してみるとよい。 ステータス次第で大きくプレイングや行動を変えることが可能になるはずだ。 なおこのポケモンはヤレユータンを保護する「いかく」目的以外では選出しない。 ナットレイがいるからウインディなどと言う短絡的理由で選出するのは基本的に誤り。 ドサイドンのダイナックルによる支援を受けることができる他、トリルが切れた後に不意打ちで戦えるといったように、アーマーガアと違う方向性での戦いが可能。 しかしどうしてもアーマーガアの方が対応できる場面が多いため、選出率はパーティでもかなり控え目となっている。 この構築がしっくりこないというのならば変えるべきはここである。 ドラパルトで対抗できない対フェアリー等の特殊ポケモンキラー且つ、トリル終了後に動けるポケモンならば、キリキザン以外でも機能する可能性は高い。 またこのポケモンは「いかく」によって計算が崩されることなく、相手のニンフィア等を倒せる高威力先制技持ちとして採用されているだけであり、相手のパーティに「いかく」が多いという理由で選出するのはウインディと同様、基本的に誤りである。 ドラパルトを突っ込ませながらヤレユータンでトリックルームを展開。 ドサイドンを展開しながらじならしで弱点保険を起動し、ダイロックで自身の特殊耐久を補強。 ヤレユータンを下げてアーマーガアを出してからはドサイドンで崩しつつ、アーマーガアの育成を行う。 基本且つもっとも強力な選出となっており、この選出をできない場合は基本的に不利となる。 ちなみにゴーストのドラパルト、精神力のヤレユータン、ダイマックスのドサイドン。 とパーティの中核は相手の猫騙しを完全にカットするため、ねこだましによる択を警戒する必要は無い。 アーマーガアには猫騙しを使われたとしても、ドサイドンが殴っているだけで強化されていくのであんまり関係ない。 ねこだましを誰が習得するかまだ覚えてねえ!という初心者の皆には本当にお勧め。 この選出で基本的にロトム 水 だろうが、ナットレイだろうが押し勝てる。 4倍弱点への警戒は必要だが、必要以上に怯える必要は無い。 アーマーガアの育成ゲームをゆっくりと行いながら、トリルが切れた後はドラパルトで掃討するとよい。 基本的に初手でウインディをドサイドンに引かせ、トリックルームからじならし保険での殲滅を狙う。 この動きの場合はアーマーガアを育成している時間も惜しいことが多いので、ヤレユータンを引いてウインディを出しなおして威嚇再発動。 〇余談 トリル始動に失敗した時 ドラパルトの項目で触れた眼鏡流星耐えサザンドラなど、トリックルームの始動が失敗した場合は、アーマーガアにダイマックスを切ってドサイドンの育成ゲームを開始する。 この選択を取れることが基本選出でアーマーガア選出を優先する理由にもなっているため、一見刺さっていないように見えたとしても、できる限りアーマーガアの選出を優先したい。 総括 トリックルームを決めてドサイドンを通すだけ且つ、相手の素早さ操作に依存しない使いやすく強い構築が組めたかと思う。 初心者の方に素早さの仕様に限らず、多くのポケモン対戦の基本知識を覚えろ!と言うのは酷だと思ったので、回し方そのものは比較的簡単かつ単純明快。 またドサイドンがロトムのダイストリームやナットレイのダイソウゲンすら耐えるので、一度始動に成功すれば、ポケモンのタイプ相性の知識すらぶっちゃけいらない、という非常に良い構築が組めたと思う。 本構築は逆にロトムやナットレイ、トリトドンなどがいるから、ドサイドンを出さないようにしよう、等の初心者を卒業したころに生まれる色気を持ってしまうと逆に勝てなくなってしまうので、そういった色気を持つようになってしまった人は、一度初心に戻ってみるのもいいかもしれない。 レンタルチーム 本日の配信で使用し、ダブルランク3位まで上げたドサイドン軸の構築です。

次の

【ポケモン剣盾】カマスジョー始動守らない雨パ【ダブルバトル】

剣盾 トリルパ

ブリムオン活躍させるためにを軸にptを組みました。 好きなで勝てると楽しいですね。 の中で1番テテフが好きなのでテテフと同じ用に使いたくてここからptを組んだ。 最初はエース運用で珠を持たせていたが中途半端な火力と思ったよりのでトリル要員兼アタッカーに変更。 タスキの使用感は良く、ダイジェットの切り返しでトリル貼ったりなど不利な相手に無理やり突っ張ってトリル貼ったり、予想以上に脆いのでタスキは正解だったと思う。 トリルエースで使うには弱くはないと思うが技の威力が貧弱だったり、サイコフィールドを展開して火力上げたいが1ターンラグがあったりとトリルのターンの中でやりたい事が多いのでシングルでは難しいと感じた。 だが、受けループに強かったりブリムオン自体が刺さっている相手も結構いたのでポテンシャルは高いと思っている。 新アイテムルームサービスは持たせる物が無かったのでとりあえず持たせてみただけだったがそれによりトリル下で抜ける相手も増えたので良かったと思う。 トリル貼って呪いして退場してもらうだけだったのであまり語ることはない。 じゃれつく打ちたい場面よりゴースト技欲しい場面が多かったのでじゃれつく切る選択もアリだと思った。 持ち物の選択肢としてこの構築はがゲロ重なので鋼半減実とか持たせても良かったと今なら思う。 舐めて水タイプに交代してきても受からない。 最後の掃除役としてならめちゃくちゃ強いのだがそこまでにトリル貼って無くてはいけない、相手のラス1が水、岩タイプでは無い、など使い方が難しかった。 に弱いのと打たれ弱すぎて扱いが難しかった。 叩き落とすが強すぎてきるのを躊躇ってしまった結果負けた試合も多く強いはずなのに使い手が弱いせいでポテンシャルを引き出せなかった。 火力上げるより場持ちさせた方が多分強いので本当はタスキをこっちに持たせたかったがブリムオンが一撃でやられると元も子もないので手放せない。 ふつーのスカドリュなので語る事はあまりない。 シャドクロ採用してるのは切った時にBダウン狙いで採用。 調整でも書いておく HB 鬼火した陽気の珠ダイフェアリーお盆込み2耐え C 無振りサザン確1 S 最速100族抜き 感想 重いが多すぎる!!! が重い が重い も重い も重い アーマーガアも重い上げたらキリがないくらい重い 中でもとの弱保勢が辛すぎた。 にはの呪いでちまちま削る、バンギはに頑張って貰うくらいしか勝てない。 よくやってたわーと自分を褒めたい…ブリムオンを何とか使いたかったがトリル貼るにしてもエース運用にするにしてももっと適任がいるが実際の印象…それでも可愛いからできるだけ使いたい… このpt使っての最高ランク到達点です。 重いばっかでしたがとりあえず3桁はいれたのでまあまあなのかな??レートじゃなくなってどこからが強者のラインなのか未だよく分かってないですが3桁入ればおおー!と言う感じなのでしょうか?できれば2桁順位入りたいですね…剣盾の目標は2桁入る事目指します😭 長くなりましたが読んで頂きありがとうございました!まだシーズン終わってないので今使ってるptはもう少ししたら公開しようと思います。 来シーズンはもう少しトリル煮詰めてみようと思います hansaka.

次の

【剣盾】【対戦】トリルパ使ってるけど、こんな感じでは上じゃ通用しないかな??

剣盾 トリルパ

どうも、ゆーdです。 多分あんまり剣盾やらないので高い勝率を維持して勝ち続ける事ができたパーティを公開します。 控えめHC 陽気AS 慎重HDアーマーガア 臆病CS 控えめCSドラパルト 意地AS 調整は無し。 マスボ級までの戦績 マスボ級からの戦績 過去最高にしっくりきたパーティで使いやすいと思うのでみんな使ってくれ。 特にランクバトル慣れしてない人や受け回しにブチギレてる人にはオススメ。 コンセプトは砂パ偽装+積みサイクル 初手で荒らして裏のやで詰める。 パーティの上に露骨にバンドリを並べる事で砂パを偽装しとの型誤認やダイストリームで天候を奪うための初手を誘ったりできた。 も一応砂かきに見えるので型破りもあまり警戒されずも簡単に倒せた。 初見殺し要素がありバレていたら構築のパワーは落ちそうだけどバズったり流行る事は無いだろうから問題無し。 ・立ち回りの解説 基本は、、ドラパルト、の中から3体選出し、受け回しには確実にを選出した。 アーマーガアは活躍できそうな時にしか出さなかったが仕事はしてくれた。 はあくまで受け回しに出すために採用しているため、などの受けが一体のみいる場合などは無理して選出する必要はない。 初手は確定ではないが、ほとんどの試合でドラパルトかを出した。 ドラパルトから出す選出 ・初手に呼びやすいがいる場合 ・ウオノラゴンやなどこちらのパーティに 通りが良く、スカーフを持っていそうながいる場合 ・が何もできないなどがいる場合 ・シンプルに通りがいい場合 初手から広い技範囲で上から殴る。 有利対面からに下げられる事もあるのでミミバック読みとんぼがえりを押す勇気が必要な場面もある。 対面は割とックスされる事が多いががックス状態だとダイサンダーでも耐えられるのでこちらはックスを切らずに上から10万ボルト連打する。 ックスを切らずに10万ボルトを撃てばスカーフの恩恵を残せるため、仮にダイジェットでの素早さを上げられても上を取れる。 どの階級でも同じような動きをされた。 ダイアイスで倒された場合は裏の 主に で上から処理する。 から出す選出 ・初手でドラパルトが来そうな場合 ・特殊技持ちや抜群を取れるが多い場合 ・ドラパルトがあまり有利を取れず出しづらい場合 初手のドラパルトにめっぽう強い。 ほとんどの場合とんぼがえりかバックで逃げるので岩石封じを押す。 ダイドラグーンでAを下げにきた試合もあったが後手ックスで押し勝てる。 高耐久と技範囲で幅広く戦える。 特殊は後出しされるなどに強くドヤ顔鋼タイプやコオリッポを焼き払うのが死ぬほど気持ちいい。 このように役割対象がホイホイ釣れてとてもいい気分です。 麻薬とかに手を染めないで対戦して欲しい。 特殊ならも救えたかもしれない。 みんなが嫌いなもダイアークが受からない。 初手でと対面してしまった場合はされるケースが多いのでできれば岩封を撃ちたい。 とドラパルトは初手出ししなくても強く同時に選出する事も多い。 初手出しの解説が長くなりましたが使い方が分かればすぐにマスボ級に上がれるポテンシャルがあると思うので使ってみてください。 勝つのが難しくてもまだ辞めないでくださいお願いします。 youdchang.

次の