こい ん ちえ っ く。 大型ビジョン「こいけさちえ*なう」出演!

ハラペコおおかみと” ちちゃこい” いきもののちえくらべ!?『ちちゃこいやつ』みんなの声大募集!

こい ん ちえ っ く

人物・生涯 [ ] 出身。 1933年、卒業、文化裁縫女学校(現、)に入学。 卒業後は同学院の助手となる。 1940年、商社勤務の男性と結婚しへ転勤となるが、1944年には夫が軍隊に召集され、2人の娘を連れて帰国。 1945年、夫がで戦死。 同年、文化服装学院に復帰し、1951年デザイン科を新設し初代デザイン科長に就任。 1954年、38歳のとき母親に娘2人を預けて単身渡仏、南回りの船で1ヶ月かかってに留学した。 学校「サンディカ」で学ぶ。 クラスメイトにが、隣のクラスには、がいた。 ではの立体裁断に衝撃を受ける。 1年後、無一文でフランス製の人台 ボディー、トルソー 1つだけ抱えて船で帰国。 帰国後は、日本人に合う立体裁断用の人台 ボディー、 を開発し、また1957年から文化服装学院として男子学生の入学を開始するなど、ファッション業界の発展に貢献する。 文化女子短期大学(現、)教授、文化服装学院副院長を歴任し、1983年、同学院の10代目学院長に就任。 1991年より2002年3月まで名誉学院長として活躍した。 文化服装学院では、、、、、、、等多くのを育成し、日本のファッション界を世界的レベルに押し上げた。 故郷、長野県須坂市に世界90数ヵ国の民俗人形1,200体あまりを寄贈し、に須坂市に開館した「小池千枝コレクション・世界の民俗人形博物館」に収められている。 、死去。 98歳没。 著書 [ ]• 『ワンピースの作り方』文化の作り方シリーズ(1959年、)• 『立体裁断』(1962年、文化出版局)• 『立体裁断』(1969年、文化出版局)• 『ともに学ぶ、ともに遊ぶ』サクセスフル対談(1998年8月、との共著、) 脚注 [ ].

次の

ちえぞー!城行こまい

こい ん ちえ っ く

長らく続きましたテレキャスターカスタマイズ編ですがいよいよ完成編。 仕上げに入ります。 無漂白の牛骨で制作します。 (毎度の目盛り付きマスキングテープの出番) 漂白した真っ白な牛骨も良いのですが無漂白の飴色も良い風合いです。 弦はSITのパワーワウンド1046です。 テンションピン(ストリングガイド)は使いませんので元のネジ穴は埋めておきました。 5弦と6弦はポストが高いので巻き数でテンション調整ができるように(ナットからポストへの進入角度が調整できるように)長く残していましたがお引き渡し時のチェックでOKが出ましたのでこの後カットしました。 弦のゲージやチューニングが同じであるならテンションピンが有っても無くても、ポストへの弦の巻き数を減らしても増やしても、弦自体のテンション(張力)は変化しません。 ネックの反りと弦高を調整したのちにオクターブチューニングも調整します。 5弦と6弦は7フレットハーモニクスで合わせてもいいですね。 ピックアップの高さも調整します。 ピックアップを固定していたのが金属の板からプラスチックの板に変わったのでアンプからの出音も結構変わって聞こえます。 前後の音量バランスも大事ですがリヤはセオリー通りに調整すると高域が耳に痛く感じる事も多いのでやや低めにしておきます。 (あとは実際に弾いてもらってから微調整) そんなこんなで完成!お待たせしました。 元々はこうだったのが… こうなりました。 唯一無二のオリジナルテレキャスターの完成です! ご依頼ありがとうございました。 お客さんお持ち込みのフェンダー純正のロックペグに交換します。 右がそれまでのペグで左が新しく取り付けるロックペグです。 両方とも良く似た形状ですのでそのままポン付け出来そうです。 しかしそう簡単には行きません。 回り止めのピンの位置が合わないのでそのままでは取り付け出来ませんでした。 まぁよくある話です。 ノミで余分をカットしたら… センターラインを引いて新しく穴を開けます。 位置を測定するとピン一個分です。 穴の位置がズレるとまっすぐ付けられないので精度が要求されます。 はい出来ました。 :o: :o: :o: :o: 取り付け穴が開いてしまえばあとは簡単です。 ロックペグは見た目がゴツくてカッコいいですね。 ポストは高さが異なるスタッガードタイプです。 低いポストは1~4弦に、高いポストは5~6弦に使用します。 今回はテンションピンを使わない予定です。 (まだ続く。 次で完成かな?) 北九州は梅雨入りしたようです。 木材で出来ているギターにとっては憂鬱な季節ですね。 雨が降るとお客さんもほとんど来ませんので作業に集中です。 フロントピックアップは今まで通りボディ直付けですが新しいピックガードに合わせて取り付け位置を若干修正しています。 画像からは全く伝わらないと思いますがこの位置決めが地味に手間の掛かる所です。 ネジ穴はしっかり面取りしておきます。 ピックアップとコントロール部分にノイズシールドの為のアルミテープを貼っておきます。 アルミテープはどんな物でも構いませんが表面に保護用のポリエステルなどがラミネートされていない物の方がギターのノイズシールドには都合がいいです。 (アースに落としやすい) ドコノテープ? セレクタースイッチはそれまでの物を流用しています。 配線完了。 ピックアップは以前当店で購入していただいた中古のセイモアダンカンのSTR-1とSTL-1です。 さてピックアップ部分のアルミテープをどうやってアースに落とすかが問題。 方法はいくつかありますがピックアップのスプリングを取り付けネジに触れさせてピックアップのベースプレートに導通させるのが簡単です。 しかしネジの外径に対してスプリングの内径が大きいのでしっかり導通させられるか不安が残ります。 そこで今回はスプリングの先をカットして先端を少し伸ばして… その先端がピックアップのベースプレートに接するようにしておけばここからダイレクトにアースへ落とせます。 3本ともこの加工を施していますので2枚継ぎ合わせたアルミテープもそれぞれアースに落とせます。 テスターでジャックのグランド側まで通電しているか確認します。 シールドはアースに落ちていないとまったく意味がありません。 ペグの交換もご依頼いただきました。 次回はペグ交換編です。 (続く).

次の

ちえちゃんの徒然リペア日誌

こい ん ちえ っ く

顔や体や性格が違うのは当たり前。 よい子・悪い子なんて考えもしない。 ただ、いろんな子がいるんだということを、ユーモラスなストーリーでおおらかに描きました。 それは、子どもたちに「きみがいるからおもしろい」ということを伝えたかったからです。 子どものあるがままの姿を認めて、ぜひ長い目で、個性の萌芽をじっと見守ってあげてください。 有賀 忍 有賀 忍(アリガ シノブ) 絵本作家・板絵画家。 相模女子大学客員教授・江戸川大学こどもコミュニケーション学科客員教授。 文部大臣奨励賞受賞。 創作絵本に 『ふしぎなさかな』(フレーベル館)、『クレヨンまる』(小学館)、『Qui a vu le chapeau jaune de Bruno? 』(フランス Fernand Nathan社 他6ヵ国)などがある。

次の