利息 で ござる。 羽生結弦のNGシーンも解禁!阿部サダヲ&瑛太は撮影秘話を語る 映画『殿、利息でござる!』公開直前トークイベント

『殿、利息でござる!』のあらすじ・見どころと見逃し配信の動画視聴先│ネットVファン

利息 で ござる

仙台市街地から車で4、50分ほどの距離にある黒川郡大和町。 「大和町」はやまとちょう、やまとまちではなく、「たいわちょう」と読みます。 この大和町には昔、奥州街道と出羽街道の宿場町、吉岡宿がありましたが、宿場は次第に困窮していきました。 吉岡宿を立て直したい!と考えた9名の篤志家が、現在の金額でおよそ3億円を集めてきて、そのお金を仙台藩に貸し出し、利息を得て吉岡宿の窮地を救ったそうです。 これは「国恩記」というものに記されている実話で、2016年には主演阿部サダヲさんで「殿、利息でござる!」という名で映画化もされ一躍有名になったそう。 「国恩記」よりも「殿、利息でござる!」のほうがピンとくる方が多いかもしれませんね。 その映画の中で、阿部サダヲさんが演じたのが造り酒屋の穀田屋十三郎。 そして穀田屋十三郎の子孫の方々がこの大和町でまだ酒屋さんをやっているということなので伺ってみました。 こちらが酒の穀田屋です。 酒の穀田屋の歴史は400余年とのこと。 中に入ってみると、酒屋さんなのでお酒がたくさん置いてあるのですが、「殿、利息でござる!」の写真やグッズも多数置いてあります。 映画を見て訪れる方も多いのだと思います。 若旦那とおかみさんが対応してくれましたが、自社のブランドでもある「純米酒 七ツ森の四季」や大和町で新設された「了美ヴァンヤード&ワイナリー」というワイナリーで出来たワインなどをお勧めいただいて、結局こちらを購入してきました。 シードル 日本酒も飲めることは飲めますが、もう少し飲みやすい感じで……、と思っていたのでちょうどよかったです。 アルコール度数は7%。 シードルですからね、きちんと冷蔵庫で冷やして、あたりが少しだけ暗くなるのを待ち……。 グラスに入れてみたいと思います。 ああ、きれい。 これはきれいですね、こんなおしゃれな飲み物が我が家に来るとは! ということで早速いただきます。 (全然暗くなってないですけど) あーーーー、美味しい! りんごの酸味と炭酸ですごくすっきりしていて飲みやすいです。 個人的には甘すぎないので結構好きですね。 これは結構グイグイいっちゃいそうだなぁ……、気を付けなければ。 今回もとても素敵なお酒に出会うことが出来ました。 今度はワイナリーのほうにも行ってみようかな。 このシードルを買った酒の穀田屋で実はこのお猪口ももらっちゃったんですよね。 使い勝手の良さそうなお猪口、これで日本酒もいいかもなぁ。 酒の穀田屋 宮城県黒川郡大和町吉岡上町42 検索: 最近の投稿• カテゴリー• 398• 138• 398• 169• 371• 233• 1 アーカイブ•

次の

『殿、利息でござる!』大ヒット上映中!

利息 で ござる

あらすじ (明和3年)の領内の宿場町・。 仙台藩の宿場町には宿場町間の物資の輸送を行う「」が課せられており、通常は藩より宿場町に助成金が支給されているのだが、吉岡宿は藩の直轄領ではないため助成金が支給されていなかった。 このため、伝馬役にかかる費用は全て吉岡宿の住人が負担して町は困窮し、破産者夜逃げ者が相次ぐ有様であった。 このような町の有様を案じていた造り酒屋の当主・は、町の窮状を訴えるため、代官に訴状を渡そうとするが、京から帰ってきたばかりの茶師・菅原屋篤平治に命が危険であると止められる。 ある日の晩、未亡人ときが営む煮売り屋「しま屋」で篤平治と偶然一緒になった十三郎は、吉岡宿を救う手立てが何かないか相談する。 篤平治が出した策は、吉岡宿の有志で銭を出し合い藩に貸して利息を取り、それを伝馬役に使うという奇策であった。 百姓がお上にお金を貸すなど、案を出した当の篤平治ですら夢物語と言うほど現実味がない策のように思われたが、十三郎は策の実現のため、同志集めと銭集めに動き出す。 十三郎と篤平治は吉岡宿の実力者である遠藤幾右衛門と千坂仲内を説得して同志に引き入れ、秘密裏に銭集めを進めていくが、十三郎たちの行動は次第に吉岡宿の人々の関心を集めるようになり、周囲に諭されて銭を出す者や名誉欲に駆られて銭を出す者も現れ出した。 また、私財を売り払ってまで銭集めに奔走する十三郎に対し、息子の音右衛門が反発するなど問題が山積していた。 そんな中、十三郎の弟で実家の造り酒屋浅野屋を継いでいた甚内が協力を申し出て、目標額の千両に相当する5千貫文を集めた。 出資する商人が尊敬を集める一方で出資しない商人が蔑まれるなど宿場内に出始めた不和を心配した千坂は銭を出した商人たちに徹底的に慎みを求め、子々孫々にいたるまで出資を自慢せず、上座に座る事もなく慎ましい生活を送る事などを誓わせる。 しかし、十三郎たちの申し出は、代官橋本権右衛門、郡奉行・今泉七三郎を経て仙台藩庁に提出されるが、出入司の萱場杢に却下されてしまう。 人々は策を諦めかけるが、守銭奴と悪評が立っていた先代・浅野屋甚内が、伝馬役の免除のために銭を貯めていたことが分かり、吉岡宿のために動いてくれていた先代甚内に感銘を受けた吉岡宿の人々や代官・橋本の活動により、萱場は申し出を受け入れる。 しかし、「藩は銭 貫文 は取り扱わないので、金 両 で納めるように」と言われる。 藩は財政難で銭を乱発していたため交換比率が下がっており、さらに銭が必要となった。 吉岡宿の人々が各々銭を工面するが銭が足りず、最終的に甚内が酒屋である浅野屋を潰すほど出資したり、音右衛門が仙台に奉公に出て10年分の給料を前借りするなどして千両を揃えた。 十三郎たちは萱場から報奨金を受け、浅野屋のために銭を渡そうとするが甚内はその銭さえも宿場の人々に分け与えようとして固辞。 そこへ藩主・が現れ、3つの酒名を与えて浅野屋を潰さぬよう命じた。 登場人物 造り酒屋・穀田屋• - :穀田屋の当主。 生まれは浅野屋で、穀田屋には幼少期に養子に出された。 吉岡宿の窮状を見て、その行く末を案じている。 加代 - :穀田屋十三郎の娘。 穀田屋音右衛門 - :穀田屋十三郎の息子。 私財を売り払ってまで吉岡宿を救おうとする父に反発する。 茶師・菅原屋• 菅原屋篤平治 - :茶師。 自称吉岡宿一の知恵者。 なつ - :菅原屋篤平治の妻。 京の都の生まれ。 造り酒屋・両替屋 浅野屋• 浅野屋甚内 - :吉岡宿一の大店である浅野屋の当主。 穀田屋十三郎の弟。 先代同様の守銭奴と思われていたが、十三郎の計画に協力する。 きよ - :穀田屋十三郎と浅野屋甚内の母。 先代・浅野屋甚内 - :浅野屋の先代主人。 穀田屋十三郎と浅野屋甚内の父。 吉岡宿の住人からは守銭奴であると思われている。 その他吉岡宿関連の人物• とき - :煮売り屋「しま屋」の女将。 遠藤幾右衛門 - :吉岡宿の• 千坂仲内 - :吉岡宿他40か村をまとめる大肝煎。 穀田屋十兵衛 - :味噌屋。 穀田屋 十三郎の叔父。 早坂屋新四郎 - :雑穀屋。 穀田屋善八 - :小物問屋。 遠藤寿内 - :両替屋。 栄洲瑞芝 - :龍泉院の住職。 事の顛末を後世に伝えるため、「国恩記」を記す。 利兵衛 - :伝馬人足• 卯兵衛 - :伝馬人足• 伝五郎 - :伝馬人足• 幸右衛門 - :伝馬人足• 平八 - :伝馬人足 仙台藩• - :仙台藩第7代藩主。 萱場杢 - :仙台藩の出入司(財政担当者)• 橋本権右衛門 - :代官• 八島伝之助 - :代官• 今泉七三郎 - :郡奉行 スタッフ• 原作 - 『無私の日本人』所収「穀田屋十三郎」刊)• 監督 -• 脚本 - 、• ナレーション -• 音楽 -• 主題歌 - 「」• 撮影 -• 照明 - 岡田佳樹• 録音 - 松本昇和• 音響効果 - 伊藤瑞樹• 美術 - 新田隆之• 編集 -• 助監督 - 佐和田恵• 特殊メイク -• 所作指導 - 、清家一斗• アクションコーディネーター -• ロケ協力 - 、、せんだい・宮城フィルムコミッション、ながのフィルムコミッション、新潟県フィルムコミッション協議会 ほか• スタジオ -• 企画協力 -• アソシエイトプロデューサー - 稲垣竜一郎• ラインプロデューサー - 湊谷恭史• エグゼクティブプロデューサー - 武田功、安達英雄• プロデューサー - 、三好英明、鎌田恒幹• 製作総指揮 - 大角正、両角晃一• 制作・配給 -• 企画・製作幹事 - 松竹・東日本放送• 制作プロダクション -• 製作 - 『殿、利息でござる!』製作委員会(松竹、、、、、、、、、、、ザフール、、) 制作 映画『』を観たの元町議会議員・吉田勝吉が、原作者の磯田道史に「この話を本に書いて広めて欲しい」と手紙で託したのをきっかけに「穀田屋十三郎」を含めた『無私の日本人』を出版。 2014年、が開局40周年記念事業の一環で、映画製作をに依頼。 「無私の日本人」を読んだ京都の読者が東日本放送に勤務している娘に送り、感動した娘が同社勤務の同僚に薦め、同僚が元同僚に薦めた。 その元同僚が中村義洋の妻で「無私の日本人」を中村に見せた。 「無私の日本人」に感動した中村が東日本放送に映像化を掛け合うが、最初に難色を示す。 映画化した決め手は、東日本放送社長が「無私の日本人」に感動して映像化を許可したことだった。 磯田はこの流れを「感動のドミノ」と称した。 この作品はから5年目を意識した地方再生もテーマにしている。 クランクインは7月6日、宮城県とを中心に8月末まで撮影された。 役を演じた、仙台出身の選手の特別出演は、中村が「役者陣を圧倒するのはもはや役者ではない」と言い出したのがきっかけ。 羽生は故郷の仙台に実在した人物の感動秘話に出演を快諾。 撮影当日まで羽生の特別出演は極秘扱い、リハーサルで現れた羽生の姿に役者陣は歓声をあげた。 公開 3月16日にで完成披露プレミア試写会を開催 から宮城県内7館で先行公開。 宮城県内先行公開期間(5月7日から5月13日まで)は、動員2万9,199人、興収3,488万3,200円を記録。 5月14日に全国308スクリーンで封切られ、公開初週2日間で観客動員15万9,690人、興行収入1億9,488万1,200円を記録し、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場2位にランクインした。 5月29日に行われたの社長定例会見の時点では、75万6,000人、興行収入が9億200万円と発表。 宮城県内にあるでは、公開1か月以上経ってもからも見に来るなど、平日でも1回の上映で100人超の入場者数が出ることもあった。 に初めて来る年配者も少なくないという。 6月20日、東日本放送で放映されている『』で観客動員100万突破を発表。 東日本放送公式ツイッターでも公表。 9月7日、文化通信で興行収入が13億突破。 あわせて宮城県のシェアが13%と公表。 9月7日、台湾で放映、地元の名前は「殿下萬萬稅」• 2017年1月30日閲覧。 東日本放送 2016年2月1日. 2016年6月7日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年7月4日. 2015年11月10日閲覧。 「」音楽ナタリー2015年10月3日• 映画ナタリー 2015年12月24日. 2015年12月25日閲覧。 映画ナタリー 2016年1月7日. 2016年1月7日閲覧。 com 2015年11月10日. 2015年11月10日閲覧。 お笑いナタリー 2015年11月10日. 2015年11月10日閲覧。 スポニチアネックス 2016年2月4日. 2016年2月4日閲覧。 映画ナタリー 2016年3月8日. 2016年3月8日閲覧。 磯田道史 2012年11月6日. 本の話WEB. 自著を語る. 文藝春秋. 2016年5月20日時点のよりアーカイブ。 2019年3月8日閲覧。 , 「製作記」• 東日本放送 2015年7月. 2016年6月7日閲覧。 シネマカフェ 2016年2月4日. 2016年6月7日閲覧。 映画ナタリー 2016年3月17日. 2016年6月7日閲覧。 文藝春秋 2016年5月7日. 2016年6月7日閲覧。 シネマトゥディ 2016年5月17日. 2016年6月7日閲覧。 テレビ朝日 2016年5月29日. 2016年5月29日閲覧。 河北新報(石巻かほく) 2016年6月12日. 2016年6月12日閲覧。 文化通信 2016年9月7日. 2016年9月7日閲覧。

次の

殿、利息でござる!

利息 で ござる

左から原作者・磯田道史氏、阿部サダヲ、瑛太 (C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会 『殿、利息でござる!』は、『武士の家計簿』で知られる磯田氏の近著「無私の日本人」(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」を原作とした時代劇。 240年ほど前の江戸中期の仙台藩を舞台に、藩の圧政に困窮する宿場町を憂える主人公・穀田屋十三郎こくだや・じゅうざぶろう)ら9人の庶民が、藩に金を貸し利子を全住民に配る「宿場救済計画」のため奔走する姿を描く。 主人公・穀田屋十三郎役の阿部と、その良き相棒であり、町一番の(自称)キレ者の茶師・菅原屋篤平治(すがわらや とくへいじ)を演じた瑛太はそろって登壇。 阿部が「今日は雨の中本当にありがとうございます!」と挨拶すると、瑛太も「沢山の方が集まっていただき嬉しいです。 ありがとうございます」と喜びを語った。 スクリーン上に一つ目のマル秘情報 【じつは、こんなところで撮影した、でござる!】の文字が登場すると、キャスト陣が山形県の山奥にあるスタジオセディック庄内オープンセットで行われた撮影を振り返っていった。 阿部は「ここは、色々な映画で使われている場所みたいですが、僕自身は初めてでした。 山の中腹にあって、時代劇向きの自然がたっぷりの場所だったので、とても演技がしやすかった」とコメント。 瑛太は「現場に入ってしまえば、物語の世界観に浸れる、役者にはありがたい撮影地でした」と明かす。 また、瑛太は「夜にはカブトムシとかクワガタとかが沢山集まってくるんですよ。 虫好きの自分にとっては楽しかったですね。 ただ、着物にカナブンが入ってくるのはちょっと嫌でしたね(笑)」と本音もポロリ。 阿部も「本当に虫多かったですね。 虫よけスプレーも全然聞かないんだよね(笑)」と続け、会場の笑いを誘った。 撮影後の食事お酒の席に話題が移ると、阿部は「瑛太さんが手配してくれることが多かったんです。 しかも僕のその日の健康や体調にまで気遣ってお店を選んでくれて、もう本当に最高の相方!」と絶賛。 瑛太は照れ笑いを浮かべていた。 二つ目のマル秘情報は 【じつは、実話、でござる!】ここでスペシャルゲストとして、磯田氏が登場した。 磯田氏は「映画『武士の家計簿』を見た人から『私の住んでいる仙台でも同様の面白い話があるので、ぜひ本にして、映画にしてください!』と連絡をいただいたんです。 その熱意が伝わって、書くことにしました」と、作品誕生の秘話を明かした。 また、磯田氏は、阿部とともに舞台となった宮城県黒川郡大和町に酒屋として現存する穀田屋を訪れたという。 「(代々穀田屋に受け継がれている)十三郎の木彫りを見せて頂いたのですが、顔が阿部さんに似ているんですよ!」と明かし、阿部も「ちょっと泣きそうになりました」と感動を振り返った。 撮影中の羽生結弦 (C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会 三つ目のマル秘情報は 【じつは、殿役を知らなかった、でござる!】 フィギュアスケート羽生結弦演じる殿のキャスティングは、キャストの前に現れるまで秘密だったという。 羽生が現場に初めて現れた際のメイキング映像が流れると、阿部は「本当にびっくりしました!本番直前まで本当に誰も聞かされていなかったので。 色々みんなで話して、最終的にはサンドイッチマンの伊達さんなんじゃないかと推測していました。 羽生さんが登場したときは、びっくりしすぎてじっと見ちゃいましたよ」とコメント。 さらに「殿様なので見てはいけないのに…(笑)すごく綺麗で演技もとてもナチュラルで、役者として、美しかったです。 なんかニヤニヤしちゃいました」と羽生を称賛した。 瑛太も「羽生さんが登場した瞬間は、全然演じられていなかったですね。 素で驚きと嬉しさが顔に出ちゃってました。 本当にキラキラしてましたから」と続け、「終わったあとに2ショットも撮影してもらって、羽生さんから『一緒にスケートしましょう』って言ってくれて。 僕は全然できないので、返答に困って『僕もオリンピック目指します!』って訳の分からない返事をしてしまいました」と当時の興奮を語っていた。

次の