スカイライン 400r。 NISSAN 新型スカイライン400R リミッターカット パワーアップモニター募集

現代版・羊の皮をかぶった狼特集:超パワフル3リッター・V6ターボ(405ps)搭載。本気の赤バッジ、スカイライン400Rのスポーツ度

スカイライン 400r

フェニックスパワーが400Rの潜在能力を全開放! ノーマルから80馬力&13. スカイライン400RのECU解析に乗り出し、トライ&トライの末にECU-TEKを使った独自のCPチューニングを完成させた。 何より驚かされたのが、CPチューニングの効果だ。 フルノーマル状態の車両で、なんと528. 8馬力/79. 99kgmを達成してしまったのである。 ダイナパックでの計測結果を見ると、ノーマルの出力は440. 76ps/66. 61kgmだ。 なお、フェニックスパワーが計測時に設定したTCファクターは1. これは計測馬力の補正値で、1. 0であれば表示値の補正はゼロとなる。 物理的ロス馬力を入れたり、カタログ表示値に合わせるために使うわけだが、ローラー式に換算する場合は1. 1〜1. 15で設定するのがセオリーだ。 仮にTCファクターによる補正値を1. 0にしたとしても、383. 26ps/57. 9kgmとなり、400Rは限りなくカタログスペック 405ps に近いパワーを出力しているというわけだ。 ともあれ、ノーマルから84ps/13. 4kgmものエクストラパワーをCPチューンのみで達成した事実は衝撃的であり、400Rの潜在能力の高さを思い知らされた次第だ。 「400R、本当にすごいですよ。 GRスープラなど比べものにならないほどの可能性があります」と、興奮を隠せないフェニックスパワー横山代表。 続けて「タービン回転などのパラメーターもあって、一筋縄ではいかない部分がありますね。 528馬力の時はブースト圧 最大値は現段階では企業秘密 もインジェクターが全噴射する域までかけているので、おそらく純正タービンおよび燃料系の限界点。 これ以上を狙うならタービン交換ですかね」。 なお、このチューンドCPの凄いところは、オートクルーズのスイッチにブーストコントロール機能を持たせ、ブースト圧を0. 1キロ刻みで変更できるようにしていること。 つまり、オーナーが気分でパワーフィールを気軽に変更できるのである。 ちなみに、オートクルーズ自体の機能は生きていて、ブースト変更できるのはオートクルーズOFFの状態のみだ。 この400R用チューンドCP 製品名:アプリケーションCPU は、すでに販売できる段階まできているとのこと。 400Rオーナーで異次元の加速性能を味わいたいならば、問い合わせてみてはいかがだろうか。

次の

日産スカイラインの評価・口コミを辛口チェック!スカイラインをぶった切り

スカイライン 400r

新世代V6ツインターボエンジンが登場 プロパイロット2. 0がスカイラインにおける日産インテリジェント・モビリティの象徴であるとするなら、従来のVQ型3. 7リッターV6NAに代えて新設定されたVR型3. 0リッターV6ツインターボは、スカイラインの走りの象徴とも言える存在だ。 ご存知の方も多いかも知れないが、実はこの新世代V6エンジンは、北米仕様のインフィニティQ50/Q60に先行して搭載されていた。 電動可変動弁システム(電動VVT)、新世代ターボシステム、エキゾーストマニフォールド一体型シリンダーヘッド、水冷式インタークーラー等々、投入された新技術は枚挙にいとまがない。 また通常仕様(GT系)で300ps、高性能ハイブースト仕様(400R)では排気量を変えずに400psの最高出力と475Nmという途方もないトルクを発生している。 このパワートルクはもちろん歴代スカイライン最強だ。 GT系で300ps、400Rに至っては400psの最高出力を誇る新世代の3リッターV6ツインターボエンジン(VR30DDTT型)。 革新されたのはエンジンだけではない。 シャシ性能も大幅にアップしている。 新たに採用されたのがインテリジェント・ダイナミック・サスペンション(IDS)だ。 400Rに標準装備、ガソリン車のGTタイプSPにオプション設定される。 車速や路面からの入力、さらにGを演算して常に最適な減衰力を発生する電子制御ショックアブソーバで、あらゆる走行シーンで最適な減衰力を緻密に制御する。 さらに400Rでは従来型から設定されていたダイレクト・アダプティブ・ステアリング(DAS)を組み合わせることで、感動的なハンドリングと乗り心地を実現する。 プレミアムスポーツセダンの走りが、またひとつ高みに上った。 400Rはインテリアも専用。 黒一色のトリムにレッドステッチが施されている。 先進のテクノロジー、そして最新のパワートレーンで組み上げた新型スカイライン。 マイナーチェンジとは思えない、大胆なコンセプトチェンジに往年のスカイラインファンも納得の出来映えと言えるだろう。

次の

日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 身にまとうのは名車の風格

スカイライン 400r

こんにちは 今日はニッサン 新型スカイライン 400Rのリミッターカットを行いましたのでご紹介致します。 エンジンはV6 3.0L ツインターボエンジンです。 公表馬力は400Rの名の元405psです。 400馬力もありますとすぐにサーキットなどではリミッターに当たります。 今回機材を導入頂いた店舗様より依頼を受けて共同で開発を行いました。 まだ新しい車種の為ECM Titaniumもパワーアップ面に関する各項目はありますがリミッターカットに関する項目がありませんでした。 データロガーにてロギングを行いまずはノーマル状態でどのようにリミッターが効くのかをロギングします。 ノーマルではスロットルが閉じる事で180km以上出ないように調整されている他そこを突破すると、とある車速で燃料カットが行われます。 そして復帰のする車速を割り出します。 その情報を元にECM Titaniumで該当するような数値を2Dグラフから探し出します。 そうしていくと該当するような場所を見つけてはテストを何度か繰り返すと ローラー上で180k以上出るようになり260k以上まで確認する事が出来ました。 この新型スカイライン 400R ECUリミッターカットですが現在の所OBDでのみ施工が可能です。 是非九州の新型スカイライン 400R乗りの方でリミッターカットご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。 そして新型スカイライン 400RのECUチューニング パワーアップデータのモニターになって頂ける方も募集致します。 是非こちらもお気軽にお問合せ下さい。 大好評クリスマスセールですが来年1月3日までとなっております。 是非こちらもお悩み中の方は是非この機会にいかがでしょうか?.

次の